タグ:Jリーグ ( 38 ) タグの人気記事

2011 JリーグDiv.1 第9節

5/7 土 19:03 ベガルタ仙台 キンチョウスタジアム △ 1-1

(ACLアレマ戦からの続き)清武はまだしも乾は相当疲れてたよなぁこの試合。
#乾はコンディションの度合いが運動量より先にトラップミスでわかる。
もちろん仙台の「乾封じ」が相当うまかったのもあるけど、それでもコンディションのいい乾ならもう少しうまく抜けてたとは思う。
清武はアップ中のミニゲームで交錯したときに痛んだときはどうなることかと思ったけど・・・無事に戻ってくれて何より。乾ほどはコンディションに左右されないプレーのできる選手のようだけど、怪我だけが心配。

もちろん乾・清武以外にもほとんどの選手が疲労やら気候の違い(寒→暑→寒の変化って一番体調崩しやすいよね)やらでコンディションもよくはなかったろうけど、こと失点シーンに関してはコンディションまったく関係ないよね。あれは絶対防げた、やっちゃいかん失点。バウンドを読みきれなかった丸も折り返させた中後も不味かったが、何より茂庭・大海の対応(というか対応しなかったこと)が最悪。ジンヒョンも中途半端だった。

それまではセレッソが押してる時間も結構あったのだけど、失点以降は完全に仙台のペース。ボールを持っているときも「もたされている感」満載で、まったく点が入る気がしなくて、本気でヤバいなーと思ってた。
ただ、幸運もあったとはいえなんとか1失点で我慢できていたので、「もしかしてもしかしたら」の展開はあり得ると思ってもいた。んで、その展開を呼び込むためには絶対塁を入れなければ・・・と思っていたところに塁と龍投入。個人的には塁を生かすためにはアーリークロスが必須で、その為にも高橋(兄)に代えてシャケでは・・・と思っていたのだけど、この日に関してはクルピの勘の方が上だった。流石だぜクルピ(何様)

丸橋のアーリークロス(ほらね!)を塁が落とし、龍からのワンツーをワンバウンドからボレーシュート!と書くと、まるで西澤さんの再来のようにも思えるがw 実はそれほど華麗な流れではなかったw ただ色んな意味で塁らしいゴールでもある。
ついでに言うとちょうど1年前、2010年5月の仙台戦でも途中投入の塁のアシストから同点に追いついてる。多分、仙台サポの中で「小松塁」という名前は完全にロックオンされたのではないかとw
ともあれ、3連勝中の仙台をギリギリとはいえ「止めた」。ただし「リーグ戦未勝利継続中」。どちらも真実。


それにしてもこの試合、前後半を通じてボランチがすこぶる酷かった。失点自体は中後のせいというわけではないが(繰り返すけどあの失点は茂庭・大海・ジンヒョンのところで確実に防げていたはず)もっと失点していてもおかしくはないぐらいの出来。
特に中後は、いい選手であるとは思うのだけど、どうも「セレッソが求めるボランチの守備」が出来てないなぁ・・・と思っていたら(以下ACL山東戦へ)

More
[PR]

by exbaum | 2011-05-12 03:30 |

2011 JリーグDiv.1 第8節

4/29 金・祝 15:04 アルビレックス新潟 キンチョウスタジアム △ 1-1

Q. あれ、7節の山形戦は?コバマニアの◎がなんで何も書いてないの?
A. 試合が見れなかったから。


現地に行けなかったのはニートだからやむを得ないにしても、Jスポの2度の放送を2度とも見そびれるという大失態orz ニュースもことごとく逃して、唯一見れたのがやべっちのでシュートシーン×3。こんなの妄想ですら書けねぇwww
だがコバさんが試合中ほとんどベンチに座らず立ちっぱだったであろうことは妄想せずともわかる。
#私はコバマニアじゃない。コバ萌えなだけだ。

んで、今季ホーム開幕戦となったこの試合。んー、なんだかなー。
とにかく、最初の失点時の対応が揃いも揃ってマズすぎる。あれがハンドだったか否かはさておき、セルフジャッジでプレーを止めんなと。

その後もしばらくは新潟ペースで試合が進んだんだけど、新潟の選手が負傷交代というアクシデントがあって、それ以降一転セレッソペースになったので「こりゃ前半のうちに同点いけそうだな」と思っていたらピンパォン→乾の絶妙スルーパスでゴール。すべて計画どおり(キリッ ただまぁ、このゴールは本当にパォン0.85点ぐらいだよねw

後半以降はさすがに新潟も修正してきて、一進一退で点が入らない割には結構面白い試合だったとは思います。第3者的には。両チームサポにとってはもの凄い心臓に悪かったけど・・・w

クルピが珍しく早い時間から交代の手を打つなぁと思っていたんだけど、高橋(兄)が不調だったということ以上にこの試合展開だとシャケのクロスが生きる気がしたんで、そしてシャケのクロスが生きるとしたら絶対に塁が必要だとも思ったんでまぁ納得。惜しむらくは、シャケ・塁コンビで生きる展開はシャケのアーリークロスなんだけど、なかなか打たせてもらえんかったね(深いところまで切り込んでからのクロスは何本もあったけど)。あと東口はいいGKだってのは前から知ってたけど、千葉・鈴木の両CBが出色の出来で、新潟サポさんには正直申し訳無いけどちょっとビックリだった。いま鈴木大輔選手のプロフィール確認したんだけど、90年1月生まれってことはU-22世代なのか。さらにビックリ。扇原も負けてられんぞ。

<余談>
その鈴木大輔、出身は東京なんだけど何らかの事情で小中高と金沢にいたようで、特に中学時代の所属チームが「テイヘンズ」。てことは、2002年のこの試合をもしかしたら生で観戦したかもね。
</余談>

こっちの守備はというと、大海が負傷ということでアウェイ全北戦に続いて康太が先発だったんだけど、エアバトルなら無敵だねw 信頼と実績の茂庭は、前半途中から中盤、ときにはセンターラインも越えるぐらい高い位置まで上がって中盤の芽を潰しまくる。あれは「俺、ブルーノ・ロペスと消えるから」と言ったに違いない。そして何よりもジンヒョンが当たりまくりで、この試合に限って言えば楢崎にも引けを取らないぐらい神がかっていた。
それだけに(これはスタメン全員の話だけど)試合開始直後のふわっとした入り方、あれが無けりゃなぁ・・・というのが実に悔やまれる。

あーそうそう、「当たる」といえば高徳くん・・・偶然とはいえほんと申し訳なかった。ただ、あの場面を見た古株のセレサポはほぼ例外なくこの試合を思い出したに違いないw

あと、この試合の主審だった廣瀬さん・・・ファウルの判定は概ね不満無いんだけど、たったひとつ「ハンドの基準」だけはほんと謎だったw 新潟の先制点前のアレは遠くてよく見えなかったのでおくとしても、後半の乾のアレはw 私も含め、周囲の全員(もちろん例外なくセレサポ)が「おい、ありゃハンドやろw」って言うてたww 万一あんなんで決勝点決まってしまったらものすっごく気まずかったと思うんで、あの場面だけはむしろ攻撃不発でホッとしたぐらいww

More
[PR]

by exbaum | 2011-05-03 03:55 |

諸君 私はJリーグが好きだ 2011

【2011】諸君 私はJリーグが好きだ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1298981506/

大東和美
「諸君 私はJリーグが好きだ
  諸君 私はJリーグが好きだ
    諸君 私はJリーグが大好きだ」


リーグ戦が好きだ ナビスコカップが好きだ ACLが好きだ
天皇杯が好きだ 残留争いが好きだ 昇格争いが好きだ

サポーターが好きだ ダービーマッチが好きだ ネタ合戦が好きだ フロントが好きだ
スタジアムが好きだ スタ飯は至福だ ビールは燃料だ

勝利は絶対だ 引き分けは次善だ だが 敗北もまた愛おしい

羊ヶ丘で 天童で 七北田で 鹿スタで Ksで グリスタで 敷島で 日立台で 蘇我で
大宮公園で 浦和美園で 飛田給で 等々力で 小机で 三ツ沢で 大原で
小瀬で 清五郎で 日本平で 磐田で 瑞穂で 長良川で 南中田で
西京極で 万博で 長居で 御崎町で カンスタで とりスタで ビッグアーチで
鳴門大塚で ニンスタで 本城で 博多の森で べアスタで KKウイングで 大銀ドームで

この日本中あらゆるところで繰り広げられるJリーグの試合行為が好きだ

開幕前の酷評を覆して 昇格したてのフレッシュなチームが快進撃を続けるのが好きだ
うっかり優勝候補さえ倒してしまい サポーターは言うに及ばず地元マスコミまで「優勝だ」等と浮かれた時など心が躍る

友人に連れられ 初めてスタジアムにやって来た観客が好きだ
スタジアムの熱気に圧倒され 優しさにほだされ ゴールに狂喜乱舞し 「また来るよ」と約束してくれた時など 胸がすくような気持ちだった

走る事だけが取り柄の弱小クラブが 強豪クラブに善戦するのが好きだ
ゴール前の混戦で体ごとボールを押し込んだ選手に イレブンはおろか控え選手までのしかかって喜びを爆発させた時など 感動すら覚える

誰もが羨むエリート揃いのクラブが ささいなボタンの掛け違えで勝ちから見放されるのが好きだ
「こんなはずじゃない」と誰もが口にしながらも やがて来る降格圏に怯える姿も最高だ

憐れな海外主義者が どうせ活躍なんて出来ない と海外のクラブへ移籍した選手を嘲るのを
圧倒的な個人技と献身的なプレイで 木っ端微塵に覆してみせた時など 絶頂すら覚える

試合中や練習中の事故で 選手が傷ついてしまうのが好きだ
いや それどころか 現役の選手が突然の病でサッカーから離されてしまうのは とてもとても悲しいものだ

長くチームを率い続けた監督が 最後のカップ戦で敗れてしまうのが好きだ
あと一歩というところで優勝を逃し続け シルバーコレクターの汚名を着せられるのは 屈辱の極みだ

諸君 私はJを 最高に面白いJの試合を望んでいる
諸君 私と共に戦うJリーグ全38クラブのサポーター諸君 君達は一体何を望んでいる?

更なるクラブ数の増大 そしてJ2-JFLの入れ替え戦を望むか?
情け容赦ない弾丸ツアーで日本中 いや 遠く豪州大陸へのアウェイ遠征を望むか?
チームコールやチャントや野次 ゲートフラッグや横断幕やコレオグラフィの限りを尽くし
三千世界の相手クラブを薙ぎ倒す 嵐のような試合を望むか?


 Jリーグ! Jリーグ! Jリーグ!


    よろしい ならば開幕だ


我々は寒空の下 開幕の日を指折り数え 今や遅しと狂乱の渦へと飛び込もうとする一サポーターだ
だが2ヶ月以上もの間 選手の様子も分からないまま待ち続けた我々には ただの試合ではもはや足りない!

壮絶な試合を!!
一心不乱の題試合を!!

我々はたかだか一掲示板の住人 万人に足らぬ砂粒の群れに過ぎない
だが諸君は 誰よりも熱いチーム愛を持った 熱烈なサポーターだと私は信仰している
ならば我々はスタジアムを揺るがす 大声援を選手に送る大集団となろう

我々を忘却の彼方へと追いやり 実績も無い新人選手のケツを追い回すマスコミ連中を叩き起こそう
生の試合を観もせずに 低レベルの一言で片付けようとする代表厨や海外厨を叩きのめそう

連中に本当のスポーツの楽しみ方を思い出させてやる
連中に我々の思いを込めた声援の力を思い知らせてやる

天と地との狭間には 試合ひとつで1週間幸せに過ごせる娯楽がある事を思い知らせてやる
スタジアムの集結する数十万人のサポーター戦闘団で 日本中を燃やし尽くしてやる


J1およびJ2全38チームサポーター及び サッカーを愛する全ての人たちへ
目標 J1およびJ2開幕戦試合会場 全19スタジアム!!

2011年 第19回J1リーグ 第13回J2リーグ
「男を競え。」 クラブを愛する 全ての人たちのために

征くぞ 諸君


左のカラムはいまだ2010年バージョンなのですがw(週末のうちに直します・・・)Jリーグ開幕前にこれだけはどうしても貼っとかないとと思って。毎年のことながら、ただひたすらアツい。

>天と地との狭間には 試合ひとつで1週間幸せに過ごせる娯楽がある事を思い知らせてやる

・・・この日々があるからこそ、私達は生きていける。

2010年版
http://exbaum.exblog.jp/12259819/
2009年版
http://exbaum.exblog.jp/9777266/
[PR]

by exbaum | 2011-03-05 03:03 |

2010 JリーグDiv.1 第34節

12/4 土 15:37 ジュビロ磐田 キンチョウスタジアム ○ 6-2

そして記憶に新しい最終節。
この試合は当然生で見ていて、で、事情があってBS-TBSでの生放送が録画出来なかったんで、後日Jスポーツでの録画放送は録れたんだけど、TBS版の中継を見れてなくてですね、で、ついこないだ年パスの代金払いに行ったついでにカフェセレでお茶してきたら、今シーズンのセレッソゴール集をずっと流していて、この試合のゴールに関してはTBS版の方を使っていたんですね。そしたら驚いた、アドリアーノの4ゴールについて、アドはもちろんなんだけど、セレッソ自体を大絶賛してるんですよ実況の人が。いわく「アドリアーノ本日4得点、しかしこれはアドリアーノ1人のゴールではありません。彼に出されたパス、全て完璧です!」と。

正直、実況の人のこの言葉が全てを表してるように思う。マルチネスが欠場ってことで、今季セレッソが積み重ねてきたサッカーとはどうしても違うものにならざるを得なかったんだけど、それを逆手にとって、というか、アドリアーノの速さ強さを生かしてゴールを量産。ヤンツーさんがもしセレッソを事前にしっかりスカウティングしてきていたとしても、その情報は多分ほとんど役には立たなかったと思う。ここにきてなおこういう戦い方が出来る、というのが驚きでもあった。

ただ、ジュビロもそこまでしっかりとしたスカウティングはしてなかったんじゃないかな、という気がする。どこで見かけたのかあるいは耳にしたのか忘れたけど、この日のジュビロはまさに「バンザイアタック」。「何点でも取ってくれてかまわんから、何がなんでも前田遼一にゴールをとらせろ!」と言わんばかりのサッカーで、何度失点しても決定的なチャンスをつくられても、その穴を塞ぐ気がまったく無かったからね・・・w

後半開始から投入された山口螢、最初は明らかに1人だけフワフワ漂ってる感満載で正直頭を抱えたのですが(まぁセレッソ自体が後半開始してしばらくは何かおかしかったけどね)だんだん良くなっていったのには目を見張った。この世代は1試合の中でも成長するもんだね。4点目?だったか、中盤の低い位置から家長とうまく絡みながら攻撃参加して、最後はうまく相手DFを釣り出す走りでアドリアーノのシュートをお膳立てした一連の動きは素晴らしかった!

2009年の最終節は本当にションボリした気持ちで鳥栖を(そしてJ2を)後にしたのですが、あれから364日、こんなに満ち足りた、そして新鮮な気持ちでシーズンを終えることが出来るとは、あの頃は夢にも思わなかった。

e0129775_5333981.jpg

e0129775_534195.jpg


ACLですよ、ACL。セレッソが。あのセレッソが!!



ところでこの試合、奥谷主審のラストゲームとなりました。
e0129775_5344542.jpg

左から2番目です。念の為。

Jの主審の中でも最初に名前を覚えた人のひとりで、まぁ名前を覚えるというのはたいていあまり良い理由ではないんですけど(苦笑)最近は「まぁ、奥谷さんならいいんじゃない?(○○とか××よりは・・・)」と言える存在にはなっていたので、ちょっと残念ではあるのですが。
その奥谷さん、この試合では明らかに「なるべくカードを出さないようにしよう」という意志がものすごく見て取れて、そんな中でも大海の警告はこれはもう明らかにカード対象のファウルだったので仕方が無いと思うんですけども、最後の最後でそれを無にした播戸さんは酷い人だと思うんだ(´・∀・`)
ラストゲームがこんなド派手な結末で、奥谷さん的には良かったのかどうか。ともあれ奥谷さん、長い間本当にお疲れ様でした。
[PR]

by exbaum | 2010-12-05 00:00 |

2010 JリーグDiv.1 第33節

11/28 日 13:03 湘南ベルマーレ 平塚競技場 ○ 4-0

前半終わった時点でスコアレスだったので、どうなることか・・・と思ったのだけど、終わってみれば4-0の完勝。

例によって得点シーンだけチラ見ですがw もちろん4得点は嬉しいんだけど、ただ湘南が・・・すぎたので、丸橋の素晴らしい無回転シュート(ジャブラニ×強風×向かい風の合わせ技ですね)以外、あまり印象に残ってないのが正直なところで。去年の湘南の方が強かったように思う。多分アジエルをはじめ、負傷者が続出したことが原因なんだろうけど。

今季の湘南、大量失点することが多かった。早い時間から失点しまくって結果そうなる試合もあるんだろうけど、この試合のように、ある程度の時間まではどうにか耐え凌ぐことが出来るんだけど、ひとたび失点してしまうと後はもうズルズルと失点を重ねていくのみ、みたいな試合も結構あるようで、上に書いたように負傷者が多すぎるせいなんだろうけど、守備面でのメンタルコントロールがうまくいってないんだろうか。そういう点では、茂庭がセレッソに来てくれて本当に良かったと思う。

最後に、田村雄三選手の引退にはびっくりした。去年9月の対戦で、シンジと絡んだプレーで退場になったり、今年4月の対戦でも田村のプレーがPK取られたり、どういうわけかやたらとセレッソと因縁の多い選手ではあったけど、最後のベンチ入りもやはりセレッソ戦というのは、何かの運命か。本当にお疲れ様でした。
[PR]

by exbaum | 2010-11-29 00:00 |

2010 JリーグDiv.1 第32節

11/23 火・祝 17:03 川崎フロンターレ 等々力陸上競技場 ○ 2-1

等々力で川崎に勝つなんて随分久しぶりだと思っていたら、それどころか過去に勝ったのは2002年のこの試合ただ1度きりだったw
で、公式記録見て2度びっくり。ベンチに相澤がいる!(佐原も)そんなに前から所属してる選手だったんだ・・・いやぁ、GKってのはは本当に時間のかかるポジションだ。リーグ戦出場までに10年かかったGKもいるしね。

でもって、この試合。某お店でのTV観戦も出来ない状況だったので、本当にゴールシーンをチラ見しただけなのですが、シャケのアーリークロスが塁の頭をかすめてゴールという、塁が出ているときには理想的な形からのゴール。「セレッソにはこういう武器もある」ということを見せ付けておくことで、相手守備陣のマークが家長1人に集中できなくなったという意味でも、やはりこの2人がセレッソにとっての最後のブースターだったと思う。
アドリアーノのゴールは、もう、アド1人が凄すぎてなんも言えねぇw

あと、ものすごくどうでもいいこの試合の収穫として「エバラ坦々ごま鍋の素」という商品の存在を知ったことwww
(「エバラ坦々ごま鍋の素エキサイトマッチ」だったのね、この試合)
後日スーパーで見つけたので試しに購入して鍋やってみたらこれが絶品。この冬中にあと2回は食べたいですw



それにしても、随分前から「J1に復帰したら是非とも等々力へ」とのお誘いを受けていたにも関わらず、結局行けなかったのが悔やまれる。

一平くんに会えるチャンスが・・・orz(やはりそっちかw)
[PR]

by exbaum | 2010-11-24 00:00 |

2010 JリーグDiv.1 第30節

11/14 日 17:04 モンテディオ山形 NDソフトスタジアム山形 △ 3-3

さぁ、この試合だ。
えーとですね、現地には行けなかったので某お店で観戦してたのですが、それも前半終了間際ぐらいに店に着いたのでその時点では1-1でして、んで、見てる間に1-3になっちゃって、「あーさすがに今日は厳しいか、でも2点目のありゃ絶対ハンドだよなぁ」と思いながら、ちょっと用事があったんで後半40分ぐらいに店を出たんですよね。

・・・・・・・・

帰宅後、スコア見てリアルに絶叫しましたね。

「おい、私がいなくなってから何があったよ!?」

まぁ「攻めきる。~最後の笛が鳴るまで~」というスローガンどおりの結末だったわけですけど、それにしても・・・ねぇ・・・www

なんていうか、やっぱり「チームの遺伝子」ってあるんだな、とこの試合のことを思い出しながらつぶやいてみる。
[PR]

by exbaum | 2010-11-15 00:00 |

2010 JリーグDiv.1 第29節

11/6 土 14:04 清水エスパルス キンチョウスタジアム ○ 1-0

いよいよ11月。
この試合、かなり早い段階から負ける気はまったくしなかったものの、どういうわけか点が入らなくて、ハーフタイムぐらいから「これは・・・引き分けそうな気が・・・」と感じていたのですが、実際引き分け濃厚な空気になりはじめたあの時間、ようやく、本当に待ちに待った、小松塁のゴール!!
このゴール、ほんっとうに待ちわびてた人も多いかと思う(私もその1人)。単純に「これでこの試合勝てそうだ」という喜びももちろんあったんだけど、それ以上に「やっと塁がゴールした!!」という喜びの方が遥かに大きかった。塁もめちゃめちゃ嬉しそうやったもんねぇ。普段あんまり感情を表に出す方じゃない人がああいう感じで喜びを爆発させると、その喜びがよりダイレクトに伝わるっていうか。

ただ、この試合での清水は本調子じゃなかったというか、なんか私の知ってる清水とは全然別のチームというか・・・。
多分、健太さんの退任とか何人かの選手の契約満了が事前に伝わってたことが大きいと思うんだけど、色々とギクシャクしてる感じで、思いは伝わるんだけどそれが気持ちいいぐらい空回りしてた印象。
ひとつのチームの一時代が終わるところを、目の当たりにしてしまったのかもしれない。


この日、間違いなくスタジアムで見ていたはずの某海賊王さんは、どんな感想だったのかな。
[PR]

by exbaum | 2010-11-07 00:00 |

2010 JリーグDiv.1 第28節

10/30 土 13:03 名古屋グランパス 豊田スタジアム ● 0-1

今季、関西圏を除くとこれが唯一のサッカー遠征でした。一度は行ってみたいスタジアムだったので、正直それだけで半ば満足してたりもするw
朝っぱらからシロノワールはちょっとキツかったけどな。

e0129775_2485277.jpg

豊スタアウェイ側ゴール裏2階最上段より。高所恐怖症な人にはたまらん写真かもしれませんw

試合の方はですねぇ・・・もうね、


ま た 楢 崎 か 。


この一言に尽きる。
そりゃあPKの判定とか、逆にPKをもらえなかった判定とか色々あるにしても、決して流れの中で点を取れない試合ではなかったはずだし、実際シュートも決定機もセレッソの方が上回ってたはずなんだけど、とにかく楢崎が凄まじかったという、その一言しかねぇ。個人的に楢崎はすごく好きな選手だけに、なんだか複雑な気持ち。
後に楢崎はGKとして初のJリーグMVPを獲得するわけですが、とにかくこの試合を生で見た者としては、そりゃそうだろおめーむしろ楢崎以外がMVPなんてなろうもんなら大暴れしたるわい、などと少々口の悪い表現で楢崎を称賛せざるを得ない。

#けどそれはそれとしても「ムラカミノブツグ」という名前は当分見たくないw

あと、この試合での塁がゴールこそなかったもののかなり良かったので「これは、もうそろそろ待望のゴールが・・・」という予感はあった。

e0129775_2565278.jpg

ハロウィン前日ということで用意されたのであろうダンマク。こういうセンスは嫌いじゃない。
[PR]

by exbaum | 2010-10-31 00:00 |

2010 JリーグDiv.1 第27節

10/23 土 17:04 ベガルタ仙台 キンチョウスタジアム △ 0-0

で、こないだの試合ね。うーん・・・。
見方は色々あるのだろうけど、私はこの試合、25節の新潟戦に比べりゃよっぽどマシなサッカーしてると思ったので、あの試合ではどうにか勝ててこの試合で勝てなかったというのがいまいち腑に落ちないというかw もちろん絶好調時から見ると全然なのは確かなんだけど、何本かあったポスト・バーに当たったやつ、ノッてるときならああいうのが1本は確実に入ってる(下手すると当たった後ゴールの内側に落ちるとか)と思うので、やっぱりノッてるチームだけが引き寄せることの出来る「運」みたいなのってあるんだなぁと、変なところで感心。

あと、これはJFA関係者にお願いしたいのだが・・・外国人審判を招聘するならするでいいから、各チーム最低1度は必ず当たるように(それだけの期間日本に滞在してもらえるように)配慮してもらいたい。日本の審判と明らかに感性が違う人達に試合をコントロールされることによる不具合、それを受けるチームと受けないチームがあるのはすごく不公平だと思うのね。
7月にイングランド審判(かなりアレだった)と当たって、今回またポーランド審判チームと当たるって、一体何の罰ゲームなのかとw

More
[PR]

by exbaum | 2010-10-28 01:25 |