タグ:ACL ( 4 ) タグの人気記事

2011 ACL グループG 第6節

5/10 火 19:00 山東魯能(中国) 大阪長居スタジアム ○ 4-0

(仙台戦からの続き)この試合での中後がほぼ完璧といっていい出来。そうだよそういうプレーをしてほしかったんだよ中後には!!
というか、どうも今年のセレッソのメンバーで考えると中後・ボギョンの2ボランチが一番バランスがいいように感じる。○ちゃんはもちろん単体では非常に素晴らしい選手なんだけど、2ボランチの一角として考えると中後orボギョンのどちらと組んでもどうもバランスが良くない。あるいは康太だったり黒木だったり扇原ちゃんw だったりと組むとまた別のバランスになっていいのかもしれないけど。

この試合、ようやく90分通して「今季のベストゲーム」といえる試合が出来た。2ボランチのバランスも良かったし、何よりピンパォンを1列下げて塁をトップに持って行ったことが大当たり。どう考えてもトップの位置はやりづらそうだったもんねピンパォンw んで、塁の特性を考えると、半分はもちろん1トップとしての役割なんだけど、もう半分はシャドーとしての役割も出来る。つまり、状況によって2トップだったり、1トップ3シャドーだったり、いっそ0トップ4シャドーだったりw 目まぐるしく変わるので山東の守備陣はさぞやりづらかったことだろう。

(やりづらいからってあんな荒いプレーしていいわけないけどね。もう、ほんっと酷かった。ホームでの全北戦もたいがい酷いと思ったけど、その比じゃない。相手が退場になったボギョンへのプレーなんてあんなの一発レッド以外の何ものでもなかろう(どうせ退場だしどうせGL敗退ほぼ確実だしってんで審判が手心を加えたのかもしれんが)。むしろなんでボギョンがその後も無事プレーできたのか不思議なぐらいだわ(苦笑))

閑話休題。
もっともこれは塁を「電柱」だと思ってくれる程度に情報不足の相手だからこそ通用する戦術(もっと言えばペテンw)で、Jの試合では流石にもう塁のデータもほとんどのチームが持ってるだろうから、そうやすやすと騙されてくれるとは思えないのでw 果たしてリーグ戦でもこの形でうまくいくかどうか。浦和戦・川崎戦はものすごく重要になってくる。大崩れはしない形だと思うので、2点取れれば充分勝てると思ってはいるけど。

ともあれ、初出場のACLで即Round16進出。これは本当に素晴らしい成果だと思う。正直言って、初戦のアレマ戦やら2戦目の山東戦(アウェイ)を見ていた限りではとてもこんなところまで進めるとはゴニョゴニョw
その対戦相手も決まりましたね。相手に不足無し、むしろこれまでの悔しさを9倍ぐらいにして返す絶好の機会。茂庭がいないのだけが痛いけどなぁ(プレーでの警告ではないだけに余計痛い)。
とりあえず会場が万博ってことで、せめて当日の午後以降は雨が降りませんようにと祈っておくw

More
[PR]

by exbaum | 2011-05-12 04:36 |

2011 ACL グループG 第5節

5/3 火・祝 15:30 アレマ・インドネシア Kanjuruhan ○ 4-0

当然の如くTV観戦ですよと。

第3節の全北戦@長居のときに「後半25分までは今季のベストゲーム」と書いたけど、この試合は逆で、前半25分以降は今季のベストゲーム(この時点では)。出だしがあまりに悪くてヒヤヒヤしたっつーか、なんせ開始3分で失点した新潟戦の直後だっただけに

e0129775_156996.jpg

という感じだったのですがw さすがに25分以降は持ち直したと。清武の先制点以降は危険な場面はほとんど無かったといっていいかと。大海が出停の状況でも茂庭・康太コンビできっちり無失点で終えれたことが何より素晴らしい。
次節出停が確定した○ちゃんに代わって螢、逆に出停にならないように茂庭に代えて扇原ちゃんw と、若手をACLの空気に馴染ませつつうまいことゲームを「片付けた」感じ。なんだか実況と解説が無駄に煽ってたけどw どうせ何点取ったところで全北が山東に勝てば即1位になるという状況だったんだし(そして実際勝ったし)過密日程の真ん中の試合とすれば充分ですわな。

ただ、この試合で乾と清武を両方90分引っ張ったのはちょっと心配だなぁ・・・と思っていたのですが(以下仙台戦へ)
[PR]

by exbaum | 2011-05-12 02:16 |

2011 ACL グループG 第4節

4/20 水 19:00 全北現代(韓国) 全州WCスタジアム ● 0-1

うーん、惜しかったなぁ。ほんと惜しかった。

って書くと「あんな試合でどこが惜しいんだよっ」って突っ込む人もいると思うけど、ACLはどれも厳しい戦いになることは最初からわかりきってたし、ましてアウェイ韓国なら苦しい試合になるのが当たり前。
そんな中でも「なんとか凌ぎ切る力」をつけてほしいと思っていたのだけど、あと少しのところで凌ぎきれなかったなー、とね。

特に前日、名古屋-FCソウルの試合(前日乗り込みしていたセレサポが結構行ってたらしいねw)をテレビ観戦してたのですが、「この試合で名古屋が食らったシュートは20本は下らない。」というマッチレポートが示すとおりそれはそれはもう心臓に悪い試合だったのですがw 凌いで凌いで最後に追加点を入れて突き放すあの力はやっぱりすげーなー、と感心したもんです。「名古屋のサッカーは面白くない」という人がいることも知っているけど、個人的にはあれはあれでセレッソが目指すサッカーとはまた別種の面白さがあるんじゃないかと思うし、とにもかくにも去年はそれで最高の結果を残したわけだからねぇ。

セレッソが目指すものを手に入れるためにも、ああいうところを凌ぎ切る力は今後絶対に必要になる。今回はその為の授業料を払ったと思っておこう。

ただ、まぁ・・・この試合に限ってはクルピの采配は完全に裏目ったなとw あるいはこの試合そのものよりも、来るべきJリーグ再開に照準を合わせて○ちゃんをチームにフィットさせときたいという狙いがあったりして。あの監督の考えることだけはほんとわからんからな・・・(苦笑)

More
[PR]

by exbaum | 2011-04-23 03:40 |

2011 ACL グループG 第3節

4/5 火 19:00 全北現代(韓国) 大阪長居スタジアム ○ 1-0

タイトルに「第3節」って書きましたけど1節2節は書きませんよ今さらw(開き直ったぞコイツ)

んで、まぁ。試合、ね。
後半25分までは今季のベストゲーム。つっても公式戦としては4試合目だけど(チャリティマッチの京都戦を入れても5試合目)。ようやく、今年のセレッソが「どんなサッカー」をしたいのかが見えてきた試合。やはり0トップか・・・!
今季初先発だった清武が、乾をはじめ色々な選手の良さを引き出してくれた。乾も乾で、決勝点となったゴールはもちろん、守備にも身体を張って奮闘してくれた。倉田の持つ技術やイメージはやはりセレッソに合いそうだ。ピンパォンは・・・交代前のあれが決まっていればヒーローだったけど・・・w まぁ乾へのアシストになったあのヒールパスはお見事。

あと、マルちゃん欠場のせいではあったけどボギョンボランチが思いのほか機能しててびっくり。大分時代の家長がボランチで開花したって聞いてたけど、ああいう感じだったのかな。中後とのコンビに関してはまだ改善の余地ありだけど。
ていうか・・・セレッソの志向するサッカーだと両SBともに上がっている時間がかなり多くなるので、必然的に両CBにかかる負担は大きくなるわけで、もちろん梶野さんもそれを折込済みだからこそ茂庭・大海という頼りになる2人を獲得したのだけど、それでも2人の負担を少しでも減らそうと思ったら守備時にボランチの(少なくとも)1枚はうまく降りてきて2人の間をきちんと埋める動きをしてもらうことが絶対に必要なんだよね。昨日の試合を見る限り、その役目を担うのはボギョンではなく中後ということになりそう。
(ただ、マルちゃんが戻ってきた場合、単純に中後→マルでいいのか?となるとそこにもまた疑問が)

一方、後半25分以降のバッタバタぶりはもう・・・(苦笑)あちらは順調にリーグ戦をこなしている一方でこちらはなかなか経験値を積めず、という事情もあったし、何より途中からあちらのコンタクトプレーが荒いを通り越して危険なファウルの連発で、ただでさえ不足気味のスタミナも容赦なく削り取られていく様が、なんというか、もう。あんまりカードを出し過ぎる審判も問題だけど、明らかに危険と認められるプレーに対しては、早い時間であっても容赦なくカードを出して牽制してほしいところ。
ただ、ああいう展開になったのだから、康太の投入をもっと早めて守備を落ち着かせてほしかったのも正直なところ。リーグ戦再開を前になるべく現状のメンバーを長くプレーさせて連携を高めたいというクルピの(いつもの)意向もあったのだろうけど、それでもさすがにもう少し早く決断してほしかった。

そんなピンチを救ってくれたのは、やはりジンヒョン。今年に入ってからPKこそ2つ止めたものの(冷静に見るとかなりすごいけどね、これ)全体を通してみるとちょっとイマイチな感じがしてたのだけど、この日はまさしく「神ヒョン」。試合の終盤、1対1で撃たれたシュートを右足1本で弾いたのにはしびれたぜ!あのぐらい神がかってるときは、ぁゃιぃキックの1つや2つは見逃してあげようという気になるw
あと、会場向けヒーローインタビューで「フリに応えてボケる」という技術も披露してくれたw どこまで日本に(ていうかセレッソに)染まるんだこの人はwww


ひとつ前のエントリにもあったけど、チャリティマッチが見た後も、「これは本当に被災者を元気付けることが出来ているんだろうか」という疑問がずっと頭の中にあったんだけど(もちろん義捐金を集めるという意味での効果は充分以上にあったと思いますが)震災後初めて「自分達の」試合を生で見て、ようやくちょっとだけわかったような気がした。

被災地であるベガルタや、被災地に縁の深い選手が出場しているということでも無い限り、関西で行われた1試合によって、被災者を勇気付けたり、元気付けたりなんてことは、多分出来ないと思う。
ただ、いま現地にいる被災者の方で、サッカーを、Jリーグを愛する人達には、どうかあの空間、あの空気を思い出してもらいたい。「早くあの場所に戻りたい」そう思ってくれればなおいい。全てはそこから始まる。

渇望こそが、踏み出す為の力になる。そんな気がします。

More
[PR]

by exbaum | 2011-04-06 17:20 |