「ほっ」と。キャンペーン

タグ:ベガルタ仙台 ( 3 ) タグの人気記事

2011 JリーグDiv.1 第9節

5/7 土 19:03 ベガルタ仙台 キンチョウスタジアム △ 1-1

(ACLアレマ戦からの続き)清武はまだしも乾は相当疲れてたよなぁこの試合。
#乾はコンディションの度合いが運動量より先にトラップミスでわかる。
もちろん仙台の「乾封じ」が相当うまかったのもあるけど、それでもコンディションのいい乾ならもう少しうまく抜けてたとは思う。
清武はアップ中のミニゲームで交錯したときに痛んだときはどうなることかと思ったけど・・・無事に戻ってくれて何より。乾ほどはコンディションに左右されないプレーのできる選手のようだけど、怪我だけが心配。

もちろん乾・清武以外にもほとんどの選手が疲労やら気候の違い(寒→暑→寒の変化って一番体調崩しやすいよね)やらでコンディションもよくはなかったろうけど、こと失点シーンに関してはコンディションまったく関係ないよね。あれは絶対防げた、やっちゃいかん失点。バウンドを読みきれなかった丸も折り返させた中後も不味かったが、何より茂庭・大海の対応(というか対応しなかったこと)が最悪。ジンヒョンも中途半端だった。

それまではセレッソが押してる時間も結構あったのだけど、失点以降は完全に仙台のペース。ボールを持っているときも「もたされている感」満載で、まったく点が入る気がしなくて、本気でヤバいなーと思ってた。
ただ、幸運もあったとはいえなんとか1失点で我慢できていたので、「もしかしてもしかしたら」の展開はあり得ると思ってもいた。んで、その展開を呼び込むためには絶対塁を入れなければ・・・と思っていたところに塁と龍投入。個人的には塁を生かすためにはアーリークロスが必須で、その為にも高橋(兄)に代えてシャケでは・・・と思っていたのだけど、この日に関してはクルピの勘の方が上だった。流石だぜクルピ(何様)

丸橋のアーリークロス(ほらね!)を塁が落とし、龍からのワンツーをワンバウンドからボレーシュート!と書くと、まるで西澤さんの再来のようにも思えるがw 実はそれほど華麗な流れではなかったw ただ色んな意味で塁らしいゴールでもある。
ついでに言うとちょうど1年前、2010年5月の仙台戦でも途中投入の塁のアシストから同点に追いついてる。多分、仙台サポの中で「小松塁」という名前は完全にロックオンされたのではないかとw
ともあれ、3連勝中の仙台をギリギリとはいえ「止めた」。ただし「リーグ戦未勝利継続中」。どちらも真実。


それにしてもこの試合、前後半を通じてボランチがすこぶる酷かった。失点自体は中後のせいというわけではないが(繰り返すけどあの失点は茂庭・大海・ジンヒョンのところで確実に防げていたはず)もっと失点していてもおかしくはないぐらいの出来。
特に中後は、いい選手であるとは思うのだけど、どうも「セレッソが求めるボランチの守備」が出来てないなぁ・・・と思っていたら(以下ACL山東戦へ)

More
[PR]

by exbaum | 2011-05-12 03:30 |

2010 ヤマザキナビスコカップ 第3~5節

5/22 土 14:00 京都サンガF.C. 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 ● 1-2
5/26 水 19:00 名古屋グランパス 瑞穂陸上競技場 △ 1-1
5/29 土 14:00 ベガルタ仙台 大阪長居スタジアム ● 0-1


いくら何でも観戦もできず、TV中継もなく、映像ひとつ見れてない試合について書けるかい(苦笑)
というわけで、前2試合はさくっとスルーして仙台戦についてだけ。

・・・と言いつつも、話の都合上ここだけはスルーできない、清武の負傷について。

【10/05/24】清武弘嗣選手の負傷について
http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10003436&contents_code=100100&date_s=&iPage=

比較的軽い怪我で不幸中の幸い、とは言うものの、3月の負傷からようやく復帰して少しずつ試合に出れるようになってきていた清武にとっても、「ポストシンジ」を清武に託すつもりだった監督にとっても、このタイミングでの負傷離脱は本当に痛かったはず。

そういうわけで、ナビスコ杯をそのまま「シンジ後」の再構築に充てる計画はいきなりおじゃん。ただし、それならそれで他の若手をJ1チーム相手にプレーさせてみる、いわばOJTとして利用する方向への方針転換は悪くない、というかやるじゃねーかクルピと思った(何様w)。

ただし残念ながら、仙台戦でのOJTは必ずしもうまくいったとはいいがたい。特に、アマラウの出停によって出場機会を得た螢は、正直言って「このチームでスタベン以上のポジションを確保するにはまだ時間がかかるかな・・・」という印象。

もっとも、螢が悪いとか能力が不足しているわけではなくて、シンジ抜き&大海とアマラウの2人が出停ってことで、明らかにこの3ヶ月である程度出来上がったチームとは全然違うものになってしまっていた。というより、そもそもチーム以前だった。それこそ3月のセレッソ状態。多分、鹿島戦とか神戸戦の状態で、例えばアマラウなりハネなりの代わりに螢、という形であれば、また違ったと思うんだよね。何故ならチームの中でやるべき役割がはっきりしているから。

じゃあリーグ戦では出場機会少なかったのにナビ杯で出場機会を得ていきなり活躍している康太はどうなのかっていうと、こちらはもう中堅と言っていいぐらいに出場経験を持っているからね。自分のプレーがトップチームの中でどう生きるか、ということも充分わかっているはず。

そういう意味では螢にとっては「間が悪かった」としか言いようが無い。ただ、シンジのことはともかく、大海とアマラウのW出停という事態でなければスタメン出場の機会は巡って来なかったかもしれないので、まぁ・・・やはり「まだ時間がかかる」のかな。

失点についてはノーチャンス(あんなすごいシュート、楢崎でも止めれんのじゃないか)だけど、FM NAGAIでも指摘していたとおり、それ以前のボールの奪われ方が非常にまずかった(場所も状況も)。それ以外にもジンヒョンの素晴らしい反応やら仙台さんの宇宙開発に助けられた場面が少なからずあった。
一方こちらは、というと、正直チャンスらしいチャンス自体少なかったね・・・思いっきりポストを叩いた塁のヘディングシュートと、林に弾かれた乾のシュートがあったっけ。そのぐらい?まぁ、いずれにせよ点差以上の完敗だったことは認めざるを得ない。

負けたこと自体を悲観する必要は全然無いと思う。しつこいようだけどこの試合は一種のOJT。ただ、清武負傷というアクシデントがあったとはいえ「ポストシンジ」のチーム再構築が遅れているっぽい状況が、ちょっと気がかり。

ま、どうせナビ杯の敗退も決まったわけだし(ちなみに敗退確定第1号のはず)残り2試合は再構築とOJTに専念しましょうや。そこさえうまくいけば、試合自体は2敗しても構わんよw

More
[PR]

by exbaum | 2010-06-01 03:15 |

2010 JリーグDiv.1 第9節

5/1 土 15:04 ベガルタ仙台 ユアテックスタジアム仙台 △ 1-1

GW期間中の記事をまとめてうpするシリーズその1w
だが自宅でたまりまくってた家事しながらのながら視聴だった上にもう10日も経った試合のことなんてもう思い出せねーよw

と開き直ってもあれなので・・・うーん、試合内容は間違いなく良くなってはいるんだけどなぁ。
「あまりにも決定機を逸し続けたらいずれしっぺ返しが来る」この法則を一体どれだけ見せ付けられたら気が済むんだろうか(苦笑)鎌田のシュートコースはまさしく「あそこしかない」ってとこだったんでどうしようもなかったけど、ちょっとジンヒョンの位置が中途半端だったような気も。

同点ゴールはちょっとごちゃっとした感じだったけど、塁のクロスが良かったね。このプレーだけじゃなくて、塁にボール預けたら何か起きそうな感じはした。前節の名古屋戦でもそうだったし、今年の塁はちょっと調子取り戻してるかな。

あと、○ちゃんがいきなり負傷交代で何ごとかと思ったら後日「腓骨骨折」だと判明してビックリした。どのプレーでそんなことになったんだろう。

【10/05/02】マルチネス選手の負傷について(セレッソ公式)
http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10003313&contents_code=100100&date_s=&iPage=
[PR]

by exbaum | 2010-05-10 02:40 |