<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010 JリーグDiv.1 第33節

11/28 日 13:03 湘南ベルマーレ 平塚競技場 ○ 4-0

前半終わった時点でスコアレスだったので、どうなることか・・・と思ったのだけど、終わってみれば4-0の完勝。

例によって得点シーンだけチラ見ですがw もちろん4得点は嬉しいんだけど、ただ湘南が・・・すぎたので、丸橋の素晴らしい無回転シュート(ジャブラニ×強風×向かい風の合わせ技ですね)以外、あまり印象に残ってないのが正直なところで。去年の湘南の方が強かったように思う。多分アジエルをはじめ、負傷者が続出したことが原因なんだろうけど。

今季の湘南、大量失点することが多かった。早い時間から失点しまくって結果そうなる試合もあるんだろうけど、この試合のように、ある程度の時間まではどうにか耐え凌ぐことが出来るんだけど、ひとたび失点してしまうと後はもうズルズルと失点を重ねていくのみ、みたいな試合も結構あるようで、上に書いたように負傷者が多すぎるせいなんだろうけど、守備面でのメンタルコントロールがうまくいってないんだろうか。そういう点では、茂庭がセレッソに来てくれて本当に良かったと思う。

最後に、田村雄三選手の引退にはびっくりした。去年9月の対戦で、シンジと絡んだプレーで退場になったり、今年4月の対戦でも田村のプレーがPK取られたり、どういうわけかやたらとセレッソと因縁の多い選手ではあったけど、最後のベンチ入りもやはりセレッソ戦というのは、何かの運命か。本当にお疲れ様でした。
[PR]

by exbaum | 2010-11-29 00:00 |

2010 JリーグDiv.1 第32節

11/23 火・祝 17:03 川崎フロンターレ 等々力陸上競技場 ○ 2-1

等々力で川崎に勝つなんて随分久しぶりだと思っていたら、それどころか過去に勝ったのは2002年のこの試合ただ1度きりだったw
で、公式記録見て2度びっくり。ベンチに相澤がいる!(佐原も)そんなに前から所属してる選手だったんだ・・・いやぁ、GKってのはは本当に時間のかかるポジションだ。リーグ戦出場までに10年かかったGKもいるしね。

でもって、この試合。某お店でのTV観戦も出来ない状況だったので、本当にゴールシーンをチラ見しただけなのですが、シャケのアーリークロスが塁の頭をかすめてゴールという、塁が出ているときには理想的な形からのゴール。「セレッソにはこういう武器もある」ということを見せ付けておくことで、相手守備陣のマークが家長1人に集中できなくなったという意味でも、やはりこの2人がセレッソにとっての最後のブースターだったと思う。
アドリアーノのゴールは、もう、アド1人が凄すぎてなんも言えねぇw

あと、ものすごくどうでもいいこの試合の収穫として「エバラ坦々ごま鍋の素」という商品の存在を知ったことwww
(「エバラ坦々ごま鍋の素エキサイトマッチ」だったのね、この試合)
後日スーパーで見つけたので試しに購入して鍋やってみたらこれが絶品。この冬中にあと2回は食べたいですw



それにしても、随分前から「J1に復帰したら是非とも等々力へ」とのお誘いを受けていたにも関わらず、結局行けなかったのが悔やまれる。

一平くんに会えるチャンスが・・・orz(やはりそっちかw)
[PR]

by exbaum | 2010-11-24 00:00 |

2010 JリーグDiv.1 第30節

11/14 日 17:04 モンテディオ山形 NDソフトスタジアム山形 △ 3-3

さぁ、この試合だ。
えーとですね、現地には行けなかったので某お店で観戦してたのですが、それも前半終了間際ぐらいに店に着いたのでその時点では1-1でして、んで、見てる間に1-3になっちゃって、「あーさすがに今日は厳しいか、でも2点目のありゃ絶対ハンドだよなぁ」と思いながら、ちょっと用事があったんで後半40分ぐらいに店を出たんですよね。

・・・・・・・・

帰宅後、スコア見てリアルに絶叫しましたね。

「おい、私がいなくなってから何があったよ!?」

まぁ「攻めきる。~最後の笛が鳴るまで~」というスローガンどおりの結末だったわけですけど、それにしても・・・ねぇ・・・www

なんていうか、やっぱり「チームの遺伝子」ってあるんだな、とこの試合のことを思い出しながらつぶやいてみる。
[PR]

by exbaum | 2010-11-15 00:00 |

2010 JリーグDiv.1 第29節

11/6 土 14:04 清水エスパルス キンチョウスタジアム ○ 1-0

いよいよ11月。
この試合、かなり早い段階から負ける気はまったくしなかったものの、どういうわけか点が入らなくて、ハーフタイムぐらいから「これは・・・引き分けそうな気が・・・」と感じていたのですが、実際引き分け濃厚な空気になりはじめたあの時間、ようやく、本当に待ちに待った、小松塁のゴール!!
このゴール、ほんっとうに待ちわびてた人も多いかと思う(私もその1人)。単純に「これでこの試合勝てそうだ」という喜びももちろんあったんだけど、それ以上に「やっと塁がゴールした!!」という喜びの方が遥かに大きかった。塁もめちゃめちゃ嬉しそうやったもんねぇ。普段あんまり感情を表に出す方じゃない人がああいう感じで喜びを爆発させると、その喜びがよりダイレクトに伝わるっていうか。

ただ、この試合での清水は本調子じゃなかったというか、なんか私の知ってる清水とは全然別のチームというか・・・。
多分、健太さんの退任とか何人かの選手の契約満了が事前に伝わってたことが大きいと思うんだけど、色々とギクシャクしてる感じで、思いは伝わるんだけどそれが気持ちいいぐらい空回りしてた印象。
ひとつのチームの一時代が終わるところを、目の当たりにしてしまったのかもしれない。


この日、間違いなくスタジアムで見ていたはずの某海賊王さんは、どんな感想だったのかな。
[PR]

by exbaum | 2010-11-07 00:00 |