<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大 き い 人 が き た 。

ところで何で代表の話をほとんどしていないかというと、韓国戦は家事しながらで飛び飛びにしか見てないし、イングランド戦に至っては出かけていて残り10分ぐらいしか見れてないからですw 録画はしてあるので近々さくっと見ようとは思っています。
いや、実のところイングランドの選手を楽しみに録画してたんだけど、聞いた話によるとえっらい面白い試合だったそうで(真面目な意味でも、ネタ的な意味でもw)結構本気で見てみようかな、と。

で、閑話休題。

【10/06/01】U-18 杉本健勇選手 トップチーム加入決定のお知らせ
http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10003483&contents_code=100100&date_s=&iPage=

この話、実は2日ほど前に小耳に挟んではいました。2種登録ではなくて正式にプロ契約だということも。

先月、主にトレセン見学目当てでw プリンスリーグの試合を見に行った話を書きましたが(http://exbaum.exblog.jp/12616157/)セレッソ的にはかなり苦しい展開だったこの試合を決めたのも杉本健勇の勝負強さ、そんな言葉は無いのを承知で言うと「土壇場力」みたいなものだったと記憶している。

シンジ移籍以降の3試合で(負傷者や出停が続出したとはいえ)勝ちがなく、特にリズムの良い展開を見せながらもシュートの精度に泣いている現状を考えると、健勇君のそういう「土壇場力」がトップでも発揮される機会は案外早く訪れるかもしれない。もちろん過度の期待は禁物だし、まずはトップの強さやスピードに慣れることが最優先なのは間違いないけど。

で、「7月1日付けでトップチームに加入」と明言されているってことは、逆に言えば6月いっぱいまではU-18の一員として練習や試合に参加する、と考えていいのかな?プリンスリーグの試合があと2試合残ってるんだよね。
http://www.jfa.or.jp/match/topics/2010/37/kansai_01.pdf(PDF注意)
ギリギリまで試合に出場するとなると「ラストゲーム」は6/19(土)の野洲高校との試合になるけど、どうなんだろう。健勇君本人の花道と考えると出場してほしい反面、U-18としては「ポスト健勇」という意味でのチーム再構築をなるべく早くしないといけない気もするし。
[PR]

by exbaum | 2010-06-02 01:54 |

納豆の国から晴れの国へ。

【10/05/31】白谷建人選手 ファジアーノ岡山へ完全移籍のお知らせ
http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10003471&contents_code=100100&date_s=&iPage=

これはびっくりした。
セレッソ大阪におけるキュアホワイトとも呼ばれている(誰も呼んでねーよ)白谷建人、今年は水戸ちゃんへレンタル移籍・・・したのはいいが、早々と出場機会を失っていて心配していたら、なんとこういうことに。

まぁ、水戸ちゃんはああいうチーム状況だし、明らかにチームの指向するサッカーと合わないレンタル選手を眠らせておく余裕なんざ財布の裏地の糸を抜いてまで引っくり返したって出てこないだろうから、中途での返却はわからんでもない。しかし、よもやこういうことにねぇ・・・。
あれかな、セレッソ的にはいま白谷に帰って来られてもおそらく彼の望むような出場経験は与えられないだろうから次のレンタル先を探していたら「完全移籍なら」と手を挙げたのが岡山だったってことなのかな。

ただ、白谷の移籍コメントからは、そもそもこの移籍自体が本人の意志であるようにも読み取れるので、真相はちょっとよくわからない。

いずれにせよ、
成長して、セレッソに帰ってくるのが夢ですし、セレッソで活躍したいという思いは今でもあります。完全移籍になりましたが、セレッソを好きな気持ちは変わらないので、これからも温かい目で見守ってください
こんなこと言われた日にゃ、応援せざるを得ないよねセレサポとしては。
都倉のように、J1で活躍できず→J2へ移籍して大活躍→個人再昇格というケースもあることだし、是非とも白谷もそのルートを辿ってほしい。出来ればそのときの再昇格先はセレッソ大阪であってほしいと思う。

そして再びセレッソのプリキュアとして(しつこいよw)
[PR]

by exbaum | 2010-06-01 03:33 |

2010 ヤマザキナビスコカップ 第3~5節

5/22 土 14:00 京都サンガF.C. 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 ● 1-2
5/26 水 19:00 名古屋グランパス 瑞穂陸上競技場 △ 1-1
5/29 土 14:00 ベガルタ仙台 大阪長居スタジアム ● 0-1


いくら何でも観戦もできず、TV中継もなく、映像ひとつ見れてない試合について書けるかい(苦笑)
というわけで、前2試合はさくっとスルーして仙台戦についてだけ。

・・・と言いつつも、話の都合上ここだけはスルーできない、清武の負傷について。

【10/05/24】清武弘嗣選手の負傷について
http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10003436&contents_code=100100&date_s=&iPage=

比較的軽い怪我で不幸中の幸い、とは言うものの、3月の負傷からようやく復帰して少しずつ試合に出れるようになってきていた清武にとっても、「ポストシンジ」を清武に託すつもりだった監督にとっても、このタイミングでの負傷離脱は本当に痛かったはず。

そういうわけで、ナビスコ杯をそのまま「シンジ後」の再構築に充てる計画はいきなりおじゃん。ただし、それならそれで他の若手をJ1チーム相手にプレーさせてみる、いわばOJTとして利用する方向への方針転換は悪くない、というかやるじゃねーかクルピと思った(何様w)。

ただし残念ながら、仙台戦でのOJTは必ずしもうまくいったとはいいがたい。特に、アマラウの出停によって出場機会を得た螢は、正直言って「このチームでスタベン以上のポジションを確保するにはまだ時間がかかるかな・・・」という印象。

もっとも、螢が悪いとか能力が不足しているわけではなくて、シンジ抜き&大海とアマラウの2人が出停ってことで、明らかにこの3ヶ月である程度出来上がったチームとは全然違うものになってしまっていた。というより、そもそもチーム以前だった。それこそ3月のセレッソ状態。多分、鹿島戦とか神戸戦の状態で、例えばアマラウなりハネなりの代わりに螢、という形であれば、また違ったと思うんだよね。何故ならチームの中でやるべき役割がはっきりしているから。

じゃあリーグ戦では出場機会少なかったのにナビ杯で出場機会を得ていきなり活躍している康太はどうなのかっていうと、こちらはもう中堅と言っていいぐらいに出場経験を持っているからね。自分のプレーがトップチームの中でどう生きるか、ということも充分わかっているはず。

そういう意味では螢にとっては「間が悪かった」としか言いようが無い。ただ、シンジのことはともかく、大海とアマラウのW出停という事態でなければスタメン出場の機会は巡って来なかったかもしれないので、まぁ・・・やはり「まだ時間がかかる」のかな。

失点についてはノーチャンス(あんなすごいシュート、楢崎でも止めれんのじゃないか)だけど、FM NAGAIでも指摘していたとおり、それ以前のボールの奪われ方が非常にまずかった(場所も状況も)。それ以外にもジンヒョンの素晴らしい反応やら仙台さんの宇宙開発に助けられた場面が少なからずあった。
一方こちらは、というと、正直チャンスらしいチャンス自体少なかったね・・・思いっきりポストを叩いた塁のヘディングシュートと、林に弾かれた乾のシュートがあったっけ。そのぐらい?まぁ、いずれにせよ点差以上の完敗だったことは認めざるを得ない。

負けたこと自体を悲観する必要は全然無いと思う。しつこいようだけどこの試合は一種のOJT。ただ、清武負傷というアクシデントがあったとはいえ「ポストシンジ」のチーム再構築が遅れているっぽい状況が、ちょっと気がかり。

ま、どうせナビ杯の敗退も決まったわけだし(ちなみに敗退確定第1号のはず)残り2試合は再構築とOJTに専念しましょうや。そこさえうまくいけば、試合自体は2敗しても構わんよw

More
[PR]

by exbaum | 2010-06-01 03:15 |