<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

残り41試合。

4/26 日 13:04 カターレ富山 富山 △ 0-0

何か明確な用件がないとそうそう行くこともなさそうな土地でのアウェイってのは、できれば逃したくないものでw 今季のスケジュールが確定したときに岐阜・岡山とともに迷わず○(参戦予定)をつけた場所が実はこの富山でした。
実際、同じようなことを考えてたセレサポは少なくないようで、バス4台+自力組も合わせると多分今季一番参戦者が多かったのではないかと。
#政府の景気対策についていくつか思うところはあるけど、
#少なくともETC1,000円は確かに効いてるな。

が・・・そんなセレサポともちろんチームにも、容赦の無いアウェイの洗礼が。

暴風雨。
そして寒い。


なんなんだよ4月も下旬だってのに凍りつくようなこの寒さは・・・orz
個人的なことですが、ここまで冷え込むと思っていなかった◎、足首丈の靴下しか持ちこんでいなかったものですから、ジーンズの裾から容赦なく侵入する冷気に腰から下が本気で強張りました・・・。


試合の方も、あの過酷な環境をそのまま体現したかのような、熱気に乏しい試合で。
いや、決して選手らがアツくなかったわけではない。そこは間違えてはいけない。むしろ若干間違った方向にアツくなって警告もらった選手もいたぐらいだorz
ただ、サッカーというスポーツが本来持っているようなワクワク感にはほど遠い試合になってしまったことは否めない。

なんというかなぁ、同じくスコアレスドローだった甲府戦と同じ過ちを、それもグレードダウンさせた形で再現してしまってた。自分たちが自信を持っているパターンが(研究されていて、あるいは天候やピッチ状態等のコンディション的理由で)うまくハマらないときの「次の一手」がどうしても持てない。何度も同じやり方を踏襲して、そして同じように失敗してしまう。ここを打開しない限り、また同じことが起こるよ。

愛媛戦では珍しくw 神がかり的采配を見せたクルピの選手交代も、この試合ではまったくいいところ無し、ていうかそもそも何がしたかったのか。

【J2:第10節 富山 vs C大阪】レヴィークルピ監督(C大阪)記者会見コメント
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00081482.html

これを読んでも、というか読んでからなおのこと、フジモン交代の意図がどうにも解せない。
>最終ラインに羽田を1列下げることによってビルドアップの質をあげることをねらいとした。
とあるけど、ああいう天候だからこそ、予期せぬ「事故」が起こりやすい環境だからこそ、3バックのうち1枚は絶対に、劣悪コンディションに絶対負けない(一部方面にのみわかりやすく言えば「重馬場に強い」)フィジカル面に優れたDFを置いとくべきじゃないのか。守備時の「事故」予防の重要性は、ビルドアップのそれより上だと私は思うのだけど。アウェイなのだから余計に。そして昨日のメンツでのその役割は、チアゴでもエゾでもハネでもなくフジモンじゃないのか。

曜→ハマの交代についても、中盤にもうひとりボールを「持てる」選手を投入したかったという意図は一応見てとれた。だけど、昨日の試合で、その意図で下げるなら曜でなく乾だと思う。ひとつには、2トップにするなら(あのメンツで2トップでないとしたら最早0トップだw)前の2人がどちらも同じような体格・タイプでは意味が無いからだけど、もうひとつ、昨日の乾は本当に苦しんでた。ああいう天候が苦手なのか、まだコンディション的に万全ではないのかよくわからないけど、とにかくパスを受ける際のファーストタッチが全部流れてしまって、置きたいところにボールを置けていない。あれでは乾らしいプレーなど望むべくも無い。あの状態の乾を残すぐらいだったら曜・シンジの2トップにしておいた方が活路が開けたんでは?と思った(それでも限りなく0トップに近いけどw)。

シャケ→平島に至ってはもう・・・「なんでもっと早く入れんのだ!」と怒りがこみ上げてきた。確かに前半のシャケはかなりキレがあった。しかし後半、シャケの上げようとするクロス、出そうとするパスが全部読まれててことごとくカットされてカウンターのピンチを招いてたの、見ればわかるじゃないか(あれはきっとソエさんの指示だろうなぁ・・・w)。正直、あの時点のシャケからはこれ以上展開することは難しいだろうと、曜が交代するよりも前から思ってたし、だからてっきり2人目の交代がシャケ→平島だとばかり思ってたのに。挙句、警告をもらってから交代って。代えるなら警告くらう前にしておいて欲しかったよ。

試合後、黒木が泣いていたのは、あの決定的チャンスを決められなかった悔しさからなんだろうけど、あれはむしろあの混戦を弾ききった富山の守備を褒めるべきところ。第一、トップの試合では去年数分間出たぐらいで実質的にはデビュー戦に近かった黒木が、投入直後はオタオタしっぱなしだったのが、あのタイミングではしっかりあのポジションに詰めていてゴールを狙っていたこと、それ自体が既にGJだと思う。泣くこたぁないぞ黒木、次しっかり決めりゃいい。
#誰とは言わんが、悔し涙を流す純真な青年をいじるのはやめなさいwww

曜の出来。もちろんベストとは到底言えない。けど、昨日の試合ではそもそもGKキム以外、つまりフィールドプレイヤー全員、出来は良くなかった(ほぼデビュー戦の黒木は比較対象になる試合がほとんど無いので保留としても)。他の選手がいいプレーをしていてひとりだけ足を引っ張ってたっていうんならともかく、あの試合、あのメンツの中ではむしろ効いてた方だと思ったけどなぁ私は。CKのボールも良かったし(てか、曜がCKを右で蹴ってたことに驚いた!以前からそうだったっけ?)。
そりゃカイオ・シンジ・乾ほどのコンビネーションには到底追いつけない。けど、それは曜だけの問題じゃない。前述の通り昨日の乾はかなり厳しかったし、シンジも攻撃をリードしていたとは言いがたい。

つかね、そもそもカイオ・乾・シンジの3トップは「あの3人」でしか機能しないと思う。
いや、ひょっとしたらカイオ・乾・曜とかカイオ・曜・シンジなら可能性はあるかもしれない。けど、カイオの位置に曜なりコケなりを入れてしのぐのは無理だ。あれはもともと「シンジと乾をなるべく近い距離で、しかも敵守備陣がマークしづらいポジションでプレーさせるため」に編み出されたもので、その中で「3人目」となるカイオのポジションは、ゴールとかアシストとかの直接的な攻撃以上に「2シャドーを生かす」ことを第1ミッションとしている、極めて特殊な役回りなのだから。そこにカイオとはまったく違うタイプの曜やコケを入れて「2シャドーを生かす」仕事をさせたってうまくいくとは思えない。カイオ以外の誰かが「3人目」として入るなら、今の形に無理矢理アジャストさせるより、まるで違う関係性をつくり上げる方がいい。
#ただ、記者会見のコメントを読む限り、クルピは昨日の
#曜の働きに対して一定の評価はしているんだよね。


ついでに言っとくと、ウチの連中はもういい加減あの主審に免疫つけろとw
あいつはああなんだよ、抗議すればするほど頑なになってくんだって。一昨年えらい苦労させられたじゃないか(あの試合はどうにか勝てたけど)。
http://www.tbs.co.jp/supers/game/20070819_4820.html
そのときセレッソにいなかった選手は仕方ないけど、エゾとかハネとか、ちゃんと覚えとかんと。
少なくとも私は絶対に忘れんぞ、あの主審の名前はw

次節、カイオ不在に加えてマルチネス出停。正念場だぞここは。
[PR]

by exbaum | 2009-04-28 02:39 |

残り42試合。

4/19 日 13:03 コンサドーレ札幌 札幌ド ● 1-4

いきなり脱線してしまいますが、残り試合数「42」というのは、まんま昨年1年分の試合数です。ようやく開幕ですよー(違)


さて、ついに●がついてしまったわけですが。
うーむ、仙台戦以後で最初に●がつくのはGW中だと思ってたのですが、若干早かったな(札幌戦はドローと読んでいた)。しかも思いの外の大敗。せっかく岡山戦で内容悪いながらも稼いだ得失点差貯金をまるっと吐き出してしまった。

日曜は昼から長居スタ→梅田のハシゴで、今日は今日でややがっつりめに残業させられてたので、実はまだハイライトすら見れていない有様なのですが、まぁいろいろな原因があるにせよ4失点はやっぱりやっちゃ駄目だよね、まして退場者も無いのに。
仙台戦のときも書いたけど、日→水→日で仙台→長居→札幌の長距離移動もキツかったんだろうとは思うけど。特に風邪気味or風邪明けの人間が何人かいる中で、気温の差が大きい移動は自分自身で意識している以上に身体にこたえるもんだってのは、虚弱体質の私にはよっっっくわかるけどwww

幸い(?)次の試合は一週間後だから、立て直す時間も身体を休める時間も少しはある。見たところ、次に行く富山は大阪とそう大きな気温の差はなさそうだし(天気がものすごく心配だけど・・・)。いま一度、開幕前の気持ちに戻ってひとつひとつの局面を大切にいってもらいたいところ。


試合後のクルピの記者会見より。
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00081070.html

私はあえて選手たちに先ほど伝えました。次の試合、今日と同じメンバーで戦う、と。このメンバーでミスをした以上、同じメンバーでもう一度勝利を求めて戦い、一回り大きく成長して欲しいと考えています


この判断が正しかったかどうかは、とりあえず次節以降の4試合(岐阜戦まで)が終わるまでは保留。ただ「同じメンバーで勝て」だけなら誰でも言える、問題は実際に勝てるようにチームを修正し、導けるかどうかだから、結果を見ないことには正しいか否かは判断できない。

ただし(これはクルピの言動に対してちょいちょい思うことだけど)これを「選手らに言う」のは良いとして、インタビューで明かすなと。次の対戦相手にメンバーのヒントを与えるなと。大敗の後、監督によってはチームを多少いじってくることも当然あり得るから、相手の監督の頭を悩ませる絶好のチャンスでもあったのにw(特に富山は指導陣が楚輪さん・ソエさんの元セレッソコンビだから、よそのチームの監督達が持っていないような情報を持ってる可能性もあり得る)

More
[PR]

by exbaum | 2009-04-21 03:15 |

残り43試合。

4/15 水 19:04 ファジアーノ岡山 長居 ○ 4-1

4月のナイトゲームだし、そもそもここ数日やたらとぬくいんで今日も大丈夫かと思ってたのですが、ちょうどシンジが交代したあたりからえっらい寒くなりましたね。


うーん、なんか、勝ったけどもうひとつすっきりしない試合っていうか、スコアレスでも甲府戦の方がよっぽどピリッと締まっていい試合だったような気がする。

ただ、4得点の場面はそれぞれに素晴らしかったと思う。特に1点目につながるシャケのクロスと、3点目につながる乾のパス(というかあのカウンター自体)、どちらも◎的に非常に大好物のパターンですな。他にもいくつか、決定的な場面があって、そういうのは良かった・・・んだけど・・・何だろう、何がこんなに引っ掛かるんだろう。とりあえず、GKキムのビッグセーブ×2が無かったら、どっちに転んでいたかわからなかったろう、とは思う。
まぁ、中2日だし、つってもそれは岡山も同じだろうと言えばそうなんだけど、アウェイ(それも仙台)とホーム(岡山)では移動による疲労ってのもあるんだろうけど。

まぁ、同じような感想をクルピも持っていたようで、試合後のインタビューではかなりお怒りだった模様。多分ミーティングでも怒ったんだろうなーこの様子だと。
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00080824.html

曜は、甲府戦のときに短時間ながらすごくいいプレーをしていたので、今日出てきたときはだいぶ期待したんだけど・・・うーん、なんか、投入前に受けてた指示がどういうものだったかも(あのプレーからでは)全然見えなかったし、何よりあのピッチ上での曜の役割の認識が、曜自身も、他の選手も、すごく曖昧だったように思う。せめて2度あったビッグチャンスのうち1つは決めたかったところだけど。ただ、そのチャンスの1つ目、ゴールに迫ってくるときの足元のキレは、やっぱさすがだなぁ、と。ああいうスキルを、ピッチ上でもっと生かせたら無敵なんだけどね。
#乾ゴールのときのベンチから飛び出してくる喜びっぷりは正直可愛かったw

それにしてもシャケはおもろいw 本当におもろいww 良くも悪くも予想外のプレーをしてくるから目が離せない。ここ数試合では最高にいいプレーしてたのに、勝負がほぼ決まってから与PKとかwww それさえなければ今日の隠れMOMだと思ってたのにw
で、試合後のインタビューのふやけっぷりがまたおもろいw 西澤明訓→大久保嘉人の流れを直系で汲んでるなという感じがする(プレースタイルとかではなく、あくまでキャラ的な意味でw)。


ところで↑のクルピインタビューによればマルチネスとシンジがちょっと風邪気味だったようですが、そういえば私の職場も今週に入って立て続けに2人風邪でダウンしてるw 皆さんもくれぐれもお気をつけあれ。
[PR]

by exbaum | 2009-04-16 01:51 |

残り44試合。

4/12 日 13:04 ベガルタ仙台 宮スタ ○ 2-1

今日の試合を終えての「残り44試合」、2002年のJ2の全試合数と同じです。
だから「J2は18チームまで総当たr(ry


で、今日は諸事情あって外出していたので、実況スレすら見れませんでした。
というか、家に着いてようやく状況を確認したら、ちょうど試合終了したところでした・・・。

なので試合の様子とか全然わかりませんし、明日Jスポで放送があるようなのですが、さらに事情があってそちらも見れませんorz 水曜朝に再放送があるようなので、その1回に賭けますが、その日は岡山戦の当日なので、さていつになったら見れることやら。


というわけで、例によってスタッツとハイライトだけの感想なのですが、

>せれっそ は 「まるちねす の みどる」 を てにいれた!
>せれっそ の こうげき力 が アップした!


>せれっそ は 「ぎゃくてん」 の わざ を みにつけた!
>せれっそ の HP が アップした!

ってことでいいんでしょうか?w
#ドラクエどころかファミコンとかのゲーム自体全くやったことないんで適当w

今日の勝ちは二重の意味で大きい。
何より、昇格争いにおける最大のライバルのひとつである仙台に勝てたことは当然大きい。

そして、「先制されて逆転した」というのは大きい。すごく大きい。

ここまで1度も先制されておらず、そして無敗だったわけですが、もし「最初に先制された試合で初の敗戦」ということになっていたら、この先対戦するチームに「セレッソの攻撃プレッシャーはすごいが、先制さえできれば勝機が見える」と認識され、今後はその方向(=先行逃げ切り)でゲームプランを進められる可能性もあった。
しかし結果的に、それも(くどいようですが)昇格争いのライバルである仙台相手に逆転勝ちしたことで、このプランもうかつには手を出せない、そういう印象を他チームに与えることができた。
勝ち点的な意味だけではなく、今年のJ2リーグの行く末を考えてみても、本当に本当に大きな1勝。
#実は3節終わったあたりからひそかに「最初に負けるとしたらここかな」と懸念していたのはここだけの話。

気がかりなのは・・・その先制された場面、リャン・ヨンギ(つくづくいい選手だね彼は)のシュートを防げなかった、というより、なんでリャンの入ってきたスペースがあんなにポッカリ空いてんだ!?という。あそこは空けちゃ駄目だろう。ダイジェストではその後もう1度、また同じようなポジションでリャンに撃たれてたし(これは枠外)あのあたりでスペースを空けてしまうと、J2でも上位クラスなら確実にチャンスに繋げて来るよね。
またしても日・水・日のスケジュールで大変だけど(しかも1週間で仙台・長居・札幌ってこれはあんまりだ(怒))ここら辺は早急に修正してほしいところ。

しかし、シンジのゴールも見事は見事なんだけど、マルチネスのミドル・・・あれは、ね・・・。
地面スレスレの無回転でGKの直前でバウンドとか、あんまりだw
仙台GKの林卓人、アテネ五輪最終予選でのパワフルなセービングが印象に残っていて、アテネ後も応援している選手のひとりなんだけど、あのミドルはさすがに「相手が悪かった」としか言いようが無いわ。
[PR]

by exbaum | 2009-04-13 02:53 |

残り45試合。

4/5 日 16:04 ヴァンフォーレ甲府 長居 △ 0-0

今年は「可能な限り試合当日の更新」を目指していたのですが、昨日は朝から自治会の清掃に狩り出されたり、あと試合前から花見とかしてたせいか、帰宅した時点で既にフラフラな状態で、そのまま布団に潜っちゃいました・・・目が覚めたら朝だったw

でもって、昨日の試合。
いやぁ・・・撃ちも撃ったりシュート21本。

で、0点orz

うーん、まぁね、セレッソに限らず、年に何回かこういう試合はある。というか、こういうことをやらかすチームというのはある(今パッと思いついただけでも2つは挙げれるw)。
でもってそういうチームが「やらかす」ときってのは、シュート20本以上撃っても入らなかったのにシュート数1桁台の相手にやられて0-1とか、そういう絵に描いたようなパターンが思い浮かぶので、むしろ負けなかっただけ良かったかな、とか思ってしまう私は、ちょっとJリーグにスレ過ぎているかもしれませんw


個人的に「決定力不足」という言葉は好かん。つか大嫌いだ。モリシいわく
「けっていりょくの『りょく』は『力』であって『緑』じゃないんですよ」
だそうだが(当たり前だw)そもそも「決定力」という「力」は無いと思う。「守備力」とか「攻撃力」とかはあるけど。
「決定力が足りない」といわれるとき、本当に足りてないものは別にあるはず。それは、シュートに至る過程の豊富さであったり、シュートそのものの技術であったり、ゴール前でのアイデアであったり、ひとつのパターンがうまくいかないときに次の手を打てる柔軟さであったり、もちろん「運」というのも確かにある(というか、「決定力不足」と呼ばれる試合で運が十分に味方していたということはまず無いだろうけど)。

昨日の試合では、特に後半、おんなじようなところ(ゴールラインギリギリの、ゴールマウス右脇あたり)から何度もシュートして何度も外してたのが気になった。もちろんサイドを破るときのスピードとテクニックはJ2では屈指、J1でも決して見劣りしないだろうと思うぐらい素晴らしいものなので、あんな際どいところまで何度も持ち込めること自体がすごい。また、特に乾あたりがあの位置からのシュートに自信を持っているのかもしれない。乾ゾーンとかw(デルピエロゾーンとか、そういう感じで)
が、あれだけ同じような展開が何度も続くということは、決して単なる偶然とか、ただ運が悪くて入らなかったとかいうことは無いはず。あれはつまり、甲府のGK荻(萩(はぎ)じゃなくて荻(おぎ)です。勘違いしてる人が多いようですが。)がうまかったんだと。全方位からの攻撃に対応可能か否かはあの1試合だけでは何とも言えないけど、少なくともあの角度からのシュートには確実に対応できる、そういう技術と自信は相当あるとみた。止められたシュートだけでなく、枠を外すシュートが多かったのも、ひとつには荻のポジショニングが絶妙で、あの位置から荻に止められない角度でシュートを撃ったらギリギリ入らないようになっていた、のかもしれない。実際のところ、GKのプレーの良し悪しは本当にわからないんだけど私w

さっき「ゴール前でのアイデア」という言葉を書いて、ふと思ったんだけど、いまのセレッソって、見ようによっては「ゼロトップ」なんですよね。シンジは元々ボランチ志望だったぐらいの純正MFだし、乾もMF。忘れがちだけど、カイオもブラジルではMF(それも本職はサイド)。ある意味、日本サッカーのここ数年の傾向を突き詰めたらこういうサッカーになるのかもしれない、というw
本職のFW、もっと言えばストライカーと呼べる選手が前線にいるサッカーと比べると、中盤を制圧できる分決定機は格段に増やせるけど、それを確実にモノにするという点ではやはり劣る。なんだ、やっぱり日本サッカーの(ry
で、昨日の試合は、まさにそういう「総中盤サッカー」のデメリット、というと大げさかな、まぁ弱点の方が前面に出てしまった結果なのかなぁ、と。

逆に、絶対的なストライカーがひとりいれば、仮に中盤を抑えられて劣勢に立たされても、90分の中で全くノーチャンスとかいうことはさすがにそうそう無いので(両チームによほどの実力差があれば話は別だけど、少なくとも同カテゴリ内の2チームでそこまで大きな差がつくことは滅多に無いだろう)その少ないチャンスを確実にモノにできれば、あるいは勝ち星を挙げることができるかもしれない。
ちょっと前までのJリーグで、多くのチームが外国人FW(もちろんストライカータイプ)を起用していたのも、要するにそういうことなんだろう。出来れば日本人でまかなえればそれが一番いいんだろうけど。

ただ(これも個人的意見ですが)そもそもストライカーなんてのは「育てる」もんじゃなくて「育つ」もの、もしくは最初からそこに「在る」ものじゃないかという気がする。チーム側がしてやれることといったら、とりあえず成長する機会(=ガチでプレーできる機会)をたくさんつくってやるぐらいしかないかと。
・・・要するに大久保嘉人の例から言ってるんだけどw

何にせよ、昨日の試合で「3人目」として塁もしくはアキを投入できていたら、あるいは違う結果になっていた、かな。多分、もしかして、ひょっとしたら。
#もっとも、アキは「センターFWでありながら実は中盤的技術も兼ね備えている」という稀有なストライカーなのだけどw


閑話休題。
昨日の選手交代、中盤がややダレかけていた時間帯にエゾを下げて濱ちゃんを投入する采配は前節と同じ。しかし今回は終盤に乾を下げて曜を投入。乾は、先週少し足の痛みがあったらしいという話なので、大事をとってということかもしれないし、またドリブルのキレとは裏腹に中盤でボールを奪われてカウンターのピンチを招くことも何度かあったので、そこら辺も踏まえての交代だったのかもしれない。
いずれにせよ、代わって入った曜が「セレッソの攻撃はサイドだけじゃない、中央だって十分使えるはずやろ?」と言わんばかりにゴール正面からの攻撃を活性化させていたのは嬉しかった。以前モリシがスポニチのコラムで言っていた「『オレが入ったらこう変えてやる』という意識を持つ」ことの重要性が曜に伝わったのであれば、モリシもさぞ嬉しかろう。
この試合をきっかけにして、曜が一皮向けて大きく成長していくのであれば、それは勝ち点2と引き換えにしても惜しくはない・・・かもしれない。


あんまり言いたくは無いけど、審判の件もちょこっとだけ。
個人的には、PKの判定もさることながら(前後半ひとつずつあったけど、前半のでとれないなら後半のは絶対とらんわな)後半何分だっけ?の、カイオのオフサイドが一番あり得んと思った。前半のPK判定と合わせて、その2箇所についてはモリシが本気で怒ってた(ラジオで)。

だがしかし、どんだけ酷い誤審でも「集団で抗議」だけは絶対やったら駄目だ。
「50万円の無駄遣い」になりかねん。
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20090328-OHT1T00010.htm
#「集団抗議で100万円」と勘違いしてたけど、合わせ技で100万なのね。
あと、どんなに納得いかなくても試合後の握手だけはきちんとやって欲しい。
特に昨日はサッカー少年達も数多く来てたのだから、なおのこと「プロ選手というのはこういうもんだ」ってのを、プレー面だけではなく態度でも見せてやってほしかったなぁ、と。
試合に勝てなかったこと以上に、そのあたりをちょっと残念に思った。

More
[PR]

by exbaum | 2009-04-07 03:01 |