「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

お世話になりました。

前のエントリから2週間以上もほったらかしですみません。
なんか書こうと思った矢先に新展開で、もう追っかけるだけでひと苦労でしたw


何も書いてない2週間の間に、コンサート行ったり、忘年会だったり、若桜の試合見たり、アメフト見たり、忘年会だったり、若桜の試合見たり、若桜の試合見たり。
そんなこんなで走り回ってる間に鼻風邪ひいたり。
ラジバ(ry
#このネタを見たことは無い。

そして今日は最後のフェスティバルホールに行ってきました。
ありがとうフェス。このホールがあったからこそ、私にとって「音楽」というものがこんなにも親しいものになった気がします。

セレッソのこと、ユースのこと、サッカー以外のもろもろのこと、年が明けてからひとつひとつフォローしていきたいと思います。そうそう、久々に本のことも少し書きたいな。しばらくレビュー書いてなかったけど、幸福な出会いはそれなりにあったことだし。


とりあえずは皆様、良いお年をお迎えください。
[PR]

by exbaum | 2008-12-31 04:21 |

◎が大阪に戻ったら。

個人的な話ですみませんが、1日休みを取って金・土で東京に行ってました。
まったくサッカーとは関係の無い、プライベートな理由(平たく言えばライブ)で行ったのですが、ちなみに行くことが決まったのは11月初めだったのですが、何せ時期が時期なもので「入れ替え戦に行かないことが決まったら宿押さえよう」と思ってたら、何故か最終節に至るまで結果が確定せずに非常に困りましたw
#入れ替え戦に行っちゃった場合、土曜日にどのスタジアムに行くかによって、前日どこにいればそこに移動しやすいかが変わるから。


で、まぁ大阪には今日の夕方戻ってきたわけですが、どういうわけかそういう(私が家を離れてる)ときに限っていろいろ動きがあったりする。
というわけで

「◎が大阪に戻ったら」

1.セレッソの新外国人が決まっていた。

現所属チームであるクルゼイロのオフィシャルに載ってるので間違いないようです。
http://www.cruzeiro.com.br/?section=noticias&idn=3972

チアゴ・マウティネリ CB
#さくはちさん(http://saku8.hp.infoseek.co.jp/)の表記による。
登録名は「チアゴ」になるのかな。
ところでJリーグ史上、彼は何人目の「チアゴ」になるのだろうw
#数年前、なんかのネタで「サントス禁止令」ってのを思い出した。


2.入れ替え戦はジュビロ磐田が勝っていた。

第1戦も第2戦も見てないのでアレですけど、とりあえず磐田は松浦拓弥の給料をいままでの3倍にしてやれ。この2試合の働きにはそれだけの価値があるはずだ。

仙台への恨みつらみは個人的にはあんまりないんですけど(少しはあるのかよ)今回に限ってごく個人的な理由で磐田を応援してました。

だって・・・「J2落ちたらブログ閉じる」って言ってたから・・・(汗)

あと、ね。
名波には2度も辛い思いをしてほしくはなかったので、やっぱりこれでよかったなと。
私にとっては、とにかく憎たらしい、そしてそれゆえに尊敬できる敵だった。


3.「布さん」こと布部陽功が引退・・・。

正直、かなりショックです。
「9/23にアビスパと試合をすると負ける」のジンクスを布さんが現役でいるうちに破りたかった。
#来年も同じ日にやるのかよw

で、どうやら福岡のスタッフになるらしく、なんというか「漢気だなぁ・・・」と。
いやまぁ・・・よそのことをあれこれ言っちゃいかんのはわかってるけど、しかしそれにしてもあそこは・・・ねぇ・・・。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20081213-439822.html
あ、布さんも「アンバサダー」なんだw
モリシと電話で
「ヌノ~、アンバサダーって何したらいいの?」
「オレかて知らんわ!」
って話してそうだ。
[PR]

by exbaum | 2008-12-14 03:24 |

2008年J2リーグ第3クール&総合成績

#得点者とか後ほど追記予定。(いつだ?w)

31 08/17 日 18:00 ○ 2-1 水戸H
32 08/25 月 19:00 △ 2-2 熊本A
33 08/30 土 18:00 ○ 3-2 徳島H
35 09/15 月 15:00 ○ 6-0 岐阜A
36 09/20 土 18:00 △ 2-2 山形H
37 09/23 火 19:00 ● 3-2 福岡A
38 09/28 日 13:00 ● 3-2 広島H
39 10/05 日 16:00 △ 2-2 横C.A
40 10/19 日 16:00 ○ 4-1 鳥栖A
41 10/26 日 13:00 ● 3-4 仙台H
42 11/08 土 17:00 ○ 3-2 甲府A
43 11/23 日 15:30 ○ 2-1 湘南H
44 11/29 土 17:00 ○ 4-0 草津A
45 12/06 土 12:00 ○ 2-1 愛媛H

2008 Jリーグ ディビジョン2
21勝6分15敗 勝ち点69 得点81 失点60 得失点差+21 4位 
[PR]

by exbaum | 2008-12-14 02:54 |

YOU ARE MY HEART

12月6日 土 12:00 愛媛FC 長居 ○2-1

結局、勝ち点1差で入れ替え戦には進めなかった。
でもそれは自業自得だから、もう仕方が無い。

「絶対に勝たなければ」という思いのせいでかえって固くなってしまったのか、特に前半は酷い有様だった。大事な試合でいつもそうやって自滅してきたからこそ、あと1歩届かなかった。それは来年に向けての大きな課題だ。
まぁ、最大の敵はUGタンの呪いだった気がせんでもないがw

それでも、今日は、何があっても、どんなみっともない形であっても、絶対に勝たなくちゃいけない。仙台の結果には一切関係なく、2008年最後の試合はどうしても笑顔で終えなければならない。ピッチ上の選手も、控えの選手も、監督も、スタッフも、もちろんサポも、誰もがその思いを共有していたはず。
失点後のセレッソの選手が見違えるように必死さを取り戻したのは、多分そういうことなのだろう。

同点ゴールを決めたのが、現在のチームでは濱ちゃんの次にモリシと長く一緒にいたシャケだったことも嬉しいと思った。
(シンジにしろ乾にしろ濱ちゃんにしろ、テンパるとシャケの存在を忘れたかのようにすぐ中央突破したがるのは悪い癖だね・・・)
そして、1アシスト1ゴール、試合を決めたカイオ。シャケの動きにピタリとフィットしたアシストも素晴らしかったけど、自らが決めた逆転ゴール後の飛行機、そしてモリシとの抱擁。
カイオはセレッソに来てまだ半年かそこらなのに、そして日本育ちなわけでもないから「日本サッカーにおけるモリシの存在の大きさ」など知らないはずなのに、もうずっとセレッソにいるような、モリシの素晴らしさを誰よりも理解しているかのような、不思議な印象を受けた。
・・・一瞬「誰か」の影が被ったのは私だけだろうか。
#何故か今日、西京極じゃなくて長居にいた人。

1点差では、今日は試合に出られないかも、と思っていたけど、ラスト数十秒だけ交替出場。
その瞬間のスタジアムの雰囲気。「すぐにでも交替させてくれ」と訴える選手達の表情。交替でピッチを後にするシンジを労うモリシ。駆け寄ってキャプテンマークを譲るゴリ。
#本当はシンジこそモリシと一緒にプレーさせてあげたかったけど・・・シンジは既に事実上の「8」だから、同じ背番号の選手は同時にピッチにいてはいけない、という意味合いだったのかもしれない。
ほんの数タッチのプレー。試合終了。モリシと抱き合う選手達の笑顔。
すべてが・・・あの数十秒間のすべてが、あの場に居合わせることができた者にとっては最高の宝になるだろう。
愛媛サポさんも、寒い中長く残ってモリシに声援を送ってくれて本当にありがとう。


・・・とまぁ、これで終われば涙・涙の物語なんだけどね。
その後の引退セレモニー、肩車や(騎馬戦の)騎馬に乗ったりしながらのgdgdな場内一周(白黒コンビが「さぁ乗って」と言わんばかりにしゃがんで腕を組んでいるのに、意味が分からず一緒にしゃがんじゃうとか、もうね・・・www)、シンジへの「8」の継承、ロビーをGKにゴールを狙うモリシ、そして外して崩れ落ちるモリシw、 シンジのアシストをちゃんと決めるモリシ、最後の飛行機。そして選手一同の花道をフルボッコされながら駆け抜けるラスト。
最後の最後まで、モリシはやっぱりモリシそのものだった。


やっぱりモリシには、涙ではなく笑顔がよく似合う。
決して人を傷つけるような嘲笑ではなく、周囲を温かく包み込む、陽光のような笑顔、それでこそ私達のモリシだ。

モリシが現役生活を送った18年間。
どのタイミングで出逢った人も、モリシからはたくさんの幸せを受け取れたと思う。

ただ、私達は遂に最後まで「本当の意味」ではモリシを幸せにしてあげられなかった。
そのことは、この先-たとえ将来セレッソがJ1でタイトルを取り、「強豪」と呼ばれるようなチームになる日が来たとしても-ずっと背負い続けなければならない十字架のようなものだ。
その贖罪、というのはさすがに言いすぎかもしれないけど、モリシがピッチを離れた後のセレッソは、私達が大切に守り、育てていこう。
大地にしっかり根を張り、枝ぶりも見事な、強く美しい桜の木に育て上げて、いずれ指導者として戻ってくるであろうモリシに返そう。


いつか来るその日まで、あなたの名前と笑顔は私達の心の真ん中に。
モリシ、大好きだよ。本当にありがとう。

More
[PR]

by exbaum | 2008-12-07 03:35 |

本当は。

2008年12月6日なんて永遠に来なければいいと思ってた。


モリシの決断、それはいつか起こることと理解してはいたけど、その「いつか」は「いつか」であって近い未来じゃないって思ってた。
「ゴンさんと同じく2010年を目指す」その言葉を無条件に信じきっていた。


あの発表があった日から、12/6のことはなるべく、考えないように考えないように考えないように考えないようにしてた。「それでもまだもう少し時間がある」そう思っていたかった。

でももう、それもおしまい。
明日私は、長い間見たくてたまらなかったもの-そして決して見たくはなかったもの-を見ることになるだろう。
そのとき私は、何を思い、何を知ることになるのか。


願わくば、モリシと、モリシが愛しモリシを愛していたすべての人達が、笑顔で終われますように。
[PR]

by exbaum | 2008-12-05 23:19 |

すべて君のため。

モリシラストマッチ


最終節に、モリシをベンチ入りさせるか否か。
少なくとも11月前半までは「どうせ最終節までには趨勢はすべて決まっているだろうし」と軽く考えていたが、「その日」を目前に控えた今の時点でもまだ可能性が(それも少なからず)残っている状況。
おかげで、「モリシを取るか、勝負を取るか」といった議論がセレサポの間でも賛否両論繰り広げられている・・・らしい。

だがちょっと待ってほしい。何故「モリシをベンチ入りさせる=勝負を捨てる」という解釈になるのか。
私はもちろんベンチ入り賛成派だ。というか「入れてもいい」ではなく「絶対に入れろ」という強硬派だ。決して「モリシの現役最後のプレーを見たいから」こう言っているんじゃない。勝つために、勝利をしっかりともぎ取るためにこそ、モリシのベンチ入りは必要なのだと声を大にして言いたい。

何故なら・・・11月からここまで、チームが「いままでのgdgdさは一体なんだったんだ」と言いたくなるぐらい必死で勝利をもぎ取っているのは、ひとえに

「モリシさんのため」
「モリシさんのラストゲームを最高のゲームにするため」
「叶うならば最後にモリシさんと一緒にプレーしたい」

そういう気持ちが選手らのモチベーションになっているからじゃないか。ならば、その高いモチベーションを維持するためにも、モリシ出場の可能性は残しておいた方がいい。
そして試合前、監督はこう言えばいいのだ。

「もし後半30分を過ぎた時点で3点差以上ついていたら、
 必ずモリシを投入する。
 お前ら、全力でモリシの花道をつくって来い」

これで奮い立たない選手が、セレッソの中にいるだろうか。


まぁこの件に関しては、クルピが昨日、モリシのベンチ入りを明言してしまったので、いまさらな主張となってしまったけどなw
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00074750.html


どうやら、私らサポが思っている以上に、セレッソの選手達はモリシのことが大好きだったんだなぁ・・・という話。

More
[PR]

by exbaum | 2008-12-05 02:22 |

多田大介を泣かす方法を考える。

モリシラストマッチ


やあ、どうものっけから物騒なタイトルで済まないw
どうやら愛媛側のGKは多田がそのまま来てくれそうなんで、勝利をより確実なものにするためにも、相手の集中をいかに削ぐかを真剣に考えまして。

結果、ヤツを泣かすのが一番手っ取り早いという結論に達しましたwww

というわけで、何をどうやったら多田の涙腺を崩壊させることができるか、策を練ってみた。


○試合前
ここで泣いてもらっても意味は無いわけですが、まぁ伏線ぐらいは張っておきましょう。

・愛媛側のアップが始まる頃合を見計らって、様々な関係者(選手・サポ問わず)からのモリシへのアツいアツいメッセージビデオをひたすら流す。
・セレッソ側のアップが始まったら、愛媛側のGKからよく見える位置で鳥かごをやる。
・入場直前、例のポスターを西川くんが読み上げる(あえて淡々と)。
http://www.jsgoal.jp/photo/00040100/00040136.html(ピンク)
http://www.jsgoal.jp/photo/00040100/00040137.html(紺)
http://www.jsgoal.jp/photo/00040100/00040138.html(白)
おススメは紺かな。

○試合中
勝負は多田がホーム側のゴールマウスに立つとき、おそらくは後半。

・控え選手のアップを室内ではなくベンチ横(むしろ許されるならゴールラインの後ろ)で行い、モリシの声が常に多田に届くようにしておく。
・そしてセレッソの選手がいいプレーをしたら真っ先にモリシが声援を送る。
・もちろんセレッソの選手がゴールしたらまずモリシのとこに行って抱きつく。
・みんなで飛行機やるのもいい感じ。
・試合中にも関わらず、モリシの思い出の映像をオーロラビジョンで流すw
 (多田のとこからよく見える)

・モリシがピッチに入ったら、当然愛媛のDFラインと駆け引きさせる。
・その後、セレッソがCKをゲットできたら、モリシは必ず多田の近くにポジションを取る。
・ボールが入ってくる直前モリシがつぶやく。
 「いままでありがとう、ダイスケ」

ここまでやれば完璧に落ちるねw
多田の前にサポが総落ちになる危険性もはらんでますが。


・・・ま、これも一種の現実逃避なわけですよ。
[PR]

by exbaum | 2008-12-05 01:30 |

「どこぞの誰かさん」のこと。

モリシラストマッチ


先週あげたエントリで

>その「どこぞの誰かさん」に関しての、今日も今日いきなり飛び込んできたニュースについてはまた後日。
>というか、スポーツ新聞が扱うサッカーの話題、特にこの手のニュースについては「2紙以で報じられるまでは保留扱いしようと思ってます。過去にも い ろ い ろ あったからねーw

とか書いてたら、ほんとに追加報道キチャッタ・・・(汗)
というわけで約束どおり書いてみる。


西沢が清水退団、引退も(報知)
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20081126-OHT1T00067.htm

元日本代表FW西沢明訓(32)が今季限りで、2年間在籍した清水を退団することが25日、明らかになった。今後は、興味を示している古巣のJ2・C大阪への復帰が有力だが、交渉が不調に終わった場合は現役引退となる見込みだ。

これが第1報で、

清水西沢、C大阪復帰も「選択肢」に(ニッカン)
http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20081202-435799.html


清水の元日本代表FW西沢明訓(32)が1日、古巣C大阪への復帰を選択肢に入れていることを示唆した。2年契約が満了する今季限りで清水を退団することが決定的。この日、「向こう(C大阪)が取ってくれるなら考える」と話した。

これが第2報。
またニッカンと同日ですが

移籍有力の西沢、次戦欠場見通し 清水(静岡新報)
http://www.shizushin.com/sports_news/spulse/news/medical/20081202000000000015.htm

今季限りの退団を決め、来季に向けてC大阪への移籍が取りざたされる西沢は「やる気はある。話をもらってから考えたい」と現役続行への意欲を語った。

という記事もありました。

ここまで来ると、清水を退団することは完全に確定ですね。あとは交渉次第でセレッソに復帰or引退の二択ということらしい。
一方セレッソ側の意志ですが、報知の記事には藤田社長のコメントと明言した上で

「森島が引退し、精神的な柱としてうってつけの人材」と西沢を高く評価。

と書いてある。
となると、少なくとも復帰に向けての交渉が行われることはまず間違いない。あとは、金額面やその他条件での折り合いがつくかどうか。



で、だ。

そりゃあ、あんなにも大好きだった、いや過去形ではなくいまでも大好きな選手だ。移籍してしまったときは胸をかきむしりたくなるぐらい辛かったし、この2年間「アキが残っていてくれたら・・・」と何度思ったかしれやしない。

だけど・・・いまのアキがセレッソに戻ってきて、果たしてどこまでプレーできるんだろうか。という疑問はある。
なんか、ずっと足首の調子が思わしくないらしく、先日久々に出場した千葉戦の試合後コメント(http://www.s-pulse.co.jp/top_team/game/223.html)でも

昨日の夜は(負傷している)足首が痛くて眠れず、正直しんどかったが、こういう場を用意してくれた人たちに恥ずかしいプレーはできないと思って頑張った。

なんて言ってる状態なのに。
#ただし、実際は「最後の日本平でのプレー」という感傷で眠れなかった、という可能性も無くはない。何せエエカッコしい(褒め言葉です)の人だから・・・w

もちろん、強大な人格的影響力とか、「日本随一のポストプレイヤー」あるいは「ボレーの達人」としての技術の伝達とか、主に若手に対してアキが寄与できるものはプレー以外にも少なからずある。ただ、そういう「縁の下」的役割を担う選手に対して、いまのセレッソが払える年俸は決して多くはない。そこら辺で折り合いがつくかどうかというのが一番の焦点となりそう。

・・・つっても、アキの側からセレッソへの復帰希望を口にしていること、その動機というのが「アレ」であることからすると、多額の年俸など初めから求めてはいないような感じがするので、やはりコンディションが一番の問題だろうか。「現役続行なら手術する」と言っているらしいけどね。

More
[PR]

by exbaum | 2008-12-04 02:36 |

冬開催反対の署名について。

モリシラストマッチ


モリシラストマッチの準備もたけなわなのですが、ここでちょっとモリシの件を離れて、当ブログ読者の方にお願いがございます。

先日より、各エントリの頭に↓のバナーを貼り付けておりました。
(モリシラストマッチのバナーができたので前のエントリよりそちらを優先してますがw)

Jリーグ冬開催反対

このバナー、リンク先をお読みいただければわかるかと思いますが「冬開催に反対するJリーグサポーター有志の会」というグループの活動に関するものです。
ここで重要なのは、この会は「秋春制に反対」なのではなく、あくまで「リーグ戦の冬開催に反対」というスタンスなのですね。誤解のなきよう。

さて、いくつか前のブログでも明言しましたとおり、◎自身も冬開催には強く反対します。何故って、寒いの氏ぬほど苦手やからw
まぁそれはさておくとしても、現実問題として降雪地域のクラブで12~2月に試合や練習を行うなんてことは到底不可能だろうし、だからってその地域のクラブ「だけ」が冬の間だけアウェイ連戦を行う、というのは、毎年毎年特定クラブにのみ大きな負担をかけることになる=リーグの公平性が損なわれることになると思うのでやはり反対です。
#なので、もし万が一、降雪地域以外の全クラブについても、年間を通じてかならずどこかで長期アウェイ遠征を行うように工夫できるのであれば、◎の反対意見は取り下げます(リーグとして公平だから)。でも、現実的にはそんなこと難しいですよね。


というわけで、上記「有志の会」に微力ながら協力させていただこうと思っております。
が、署名活動については事前にクラブ等の許可が必要になるはずですが、現在クラブも(◎を含む)サポも「モリシラストマッチ」という、チームにとって最優先となるべきミッションに向けて全力を注いでいるところで、本格的な署名活動を行っている余裕はおそらく無いだろうと。

そこで、読者の皆様にお願い。
「有志の会」の主張および活動内容をお読みいただき、もしその趣旨にご賛同いただけるようであれば、↓のPDFファイルを各自ダウンロードしていただき、ご自身ならびに(やはりご賛同いただける)仲間の方々の署名をされた上で、PDF内に記載された郵送先までお送りいただきたいのです。

PDFファイル署名用紙

ただ、
「賛成は賛成だけど、自分で郵送とか金かかるから嫌だ」
とか
「自分は賛成だけど他に署名してくれそうな人なんていないよ」
という方もおられるかと思いますので、そのような方は最終節当日、◎のところまでお越しください。署名用紙が必要であればお渡しいたしますし、逆に署名済みの用紙をお持ちいただければこちらの方で責任を持って郵送させていただきます。


「で、あんたは当日どこにおるねん?」
という話ですが、当日はゴール裏の、I4ゲート真上の帯が出る(予定の)ブロックよりひとつバックスタンド寄りの、上の通路の周辺にいる予定です。

http://www.spopara.com/nagai/03/data/i.gif

この図で言うと、140とか126とかその辺になりますかね?
#塩ビパイプで支える特大ゲーフラがよくあがっているところです。

一応先行入場直後からここにスタンバイしている予定ですが、トイレとかイナゴとかw 席を離れている場合もあるかもしれませんので、とりあえず「◎の中の人はいるか?」と聞いてみてください。
遅くとも10:30(選手のスタジアム入り)以降は、なるべく席を離れないように心がけます。


繰り返しになりますが、これはあくまでも
「冬開催反対の趣旨にご賛同いただける方」
に向けてのお願いです。
この件(冬開催および秋春制)に関しては、サポそれぞれにご意見があると思いますし、それらについて反論したり捻じ曲げたりするつもりは一切ありません。ただ、同じ思いの人がもしセレサポにもいらっしゃるのであれば、ちょこっとでも協力していきたいと考えておりますので、何とぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by exbaum | 2008-12-04 01:23 |

5000歩譲って考える。

モリシラストマッチ


ヤナギの件。
http://ameblo.jp/masayuki-yanagisawa/entry-10171981337.html

4バック継続or3バックと4バックの併用という方向性なのであればSB職人であるヤナギの存在は絶対手放しちゃいけないもの。
だけど、今後は原則として3バックのみでいくということであれば、WB(って言わないんだっけ最近は)としての適性が高いシャケや平島の方に予算のプライオリティが傾くのは、チームとしてはやむを得ない部分はあるかもしれない。
特に平島は、今日も今日、京都から戦力外通告が出たので、これはもう事前にウチと京都の間で「そういう方向でいこう」というコンセンサスをとってたのだと思う。
#徳さんと加藤大志の扱いに関しては力いっぱいモノ申したいがw

そこへ加えて、世界的レベルのこの大不況。
ほとんどのチームが、なんらかの痛みを伴わずしてこの年末を乗り切れないのは確かだろうし、セレッソの場合はそれがヤナギだった、ということなのだろう。
「”それ”がヤナギで本当によかったのか?」という疑問はものすごく感じるけど、じゃあ誰なら良かったのよ?と聞かれるとそれは正直答えづらいもんがあるわけで。
そういう意味では、「納得」は絶対にできないけど、とりあえず一定の「理解」はあります。


まったく理解できないのは、だ。

岡山切ったら駄目だろ仙台!!!

前々節の横浜FC戦まで普通にレギュラーやったやん・・・。
その後何があったか知らんけど鳥栖戦でベンチメンバーからも外したら惨敗やったやん・・・。

その横Cも、エリゼウとアンデルソンがWで戦力外か・・・。
鯱の米山(他サポながらあのFKは泣ける)と三木、緑の廣山、(ベテランを必要としてるチームなら)服部、このあたりは「ら」前半の目玉商品となるやもしれない。
GKに困っているところにとっては土肥・シュナ潤あたりも見逃せない。

あ、徳島の玉乃もか・・・・・・・・

More
[PR]

by exbaum | 2008-12-02 02:33 |