<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

怒りのあまり涙が出てきた。

9月20日 土 18:00 モンテディオ山形 長居 △2-2
9月23日 火・祝 19:00 アビスパ福岡 レベスタ ●2-3


先に山形戦の話。
(翌日早起きして出かけてたりしたんで遅くなっちゃった)

実は諸事情あってオーナーズシートで見てたんですよねこの試合。それもお弁当つきドリンク飲み放題のゴージャスなやつ(この日は自由軒の洋風弁当。おいしかったけど肉だらけで野菜が無かった・・・w)やー、あれは快適だわ・・・さすがにそれだけのために10数万出せるほどの余裕はどこをひっくり返しても無いですけども、例えば5,000円とか10,000円で1年間に1回だけあの席で見れるよって言われたら、ちょっと検討するかもしれない。

まぁそういう事情で、SBともゴール裏とも違う角度でこの試合を見ておりまして、まぁいろいろ思うところはあったんですけど、あれだよね、このチームってほんとパワープレイとかできないよね。相手はひとり少なくなってたのに、ましてリチェーリ投入以降、完全に攻撃の意志を放棄してた(リチェーリひとりだけを前線に残し、あとは全員自陣に下がっていた)のだから、リチェーリマークを1人か2人だけ残して、あとは全員攻撃に回ればよかったのにね。そこまでしてそれでもあの結果ならまだ納得いったんだけど。
監督がそういう指示を出さなかったのかもだけど、そのぐらいの判断ピッチ上でできんもんだろうか。やったらしばかれる(は言い過ぎだけどw 監督から嫌われる)のだろうか。もしそうなら監督の責任てことになるけど、どうなのかな。


で、今日の試合、ですよ。いや、行けなかったんですけど。行こうかどうしようか迷っていて、念のため明日は休暇を押さえておいたんですけどw 山形戦の姿を見てまだ迷っているうちに別件の用事が入って行けなくなってしまって。

数百歩譲って、「負け」という結果は仕方がないとしよう。
許せないのは、どうしても上位に食らいつかなきゃいけないはずのこの大事な試合において、コンディションではない理由でチームの「柱」をスタメンから外し、あろうことか後半44分(ロスタイム?)まで投入しなかったこと。

何故、チームが最も「戦う」ことを求められているときに、
チーム内で最も「戦える」選手を温存したのか。
それが悔しくて腹立たしくてたまらない。


考えたくはないことだけど、今年の結果如何に関わらず、来年、私たちはとてもつらいものを目にしてしまうかもしれない。もしそうなったとしても、その決断を私は責めることはできない。
そのぐらい取り返しのつかない重大なミステイクを、監督は犯してしまったのだ。



「かけがえのないものを失う痛みは、これで最後にしよう」
2年前、確かにそう誓ったはずだったのに。
[PR]

by exbaum | 2008-09-24 01:06 |

岐阜最高(イナゴ的な意味で)。

9月15日 月・祝 15:00 FC岐阜 長良川 ○6-0


岐 阜 大 好 き (はぁと)


スタグルメには外れが無いし(これが最重要w)。

たっくさん得点取らせてくれるし。

失点はしないで済むし。


もう、今季最終戦までずーっと岐阜と対戦(もちろんオール長良川で)ってのは駄目?w


しかし、前後半とも開始から10分程度のバタつきっつーか消極的な入り方だけはちょっと気になるところ。岐阜の攻撃がずいぶん曖昧だったから救われたものの。

カイオは「1点獲ったら波に乗れる」ってずーっと言われ続けてきたけど、まさか1点獲ったその日のうちに波に乗りまくるとはw ボディバランスがいいよね。あとCBとのスピード競争でも負けない。

守備陣もかなり意志の疎通が取れてたし。特に両SBとGKの冷静さは目を見張るものがあった。ヤナギはもともとだけど、丹羽の守備面での貢献は地味に光ってたよ。平島の負傷で久々に出番が回ってきたので、正直、試合勘とかいろいろどうかな、と心配してたけど杞憂で済んで何より。攻撃面では・・・まぁ、もうちょっと早いタイミングでクロスがあげれればねぇ。
#仮にこの試合に丹羽ではなく平島が出れてたとしたら、もう1、2点入っていた代わりに失点もしていたような気がするw
当面、左SBは平島と丹羽の競争ってことになるのだし、お互いが自分の持ち味をしっかり発揮してくれればと思う。そしてレヴィーが「使い分け」という言葉を覚えてくれれば言うことなし。


ともあれ、5月と今回の2試合で11得点0失点。ゴチになりましたっ(`・ω・´)



ところで例の「アンセム」、今回初めて実際に歌ってみたわけなんですが。
うーん、練習不足というより、お披露目でいきなりアカペラコーラスってのはさすがにちょっと難易度高かったか。裏拍多めだからリズムキープ難しいしね。
ただ、これがスタジアム全員で揃って歌われたら、そりゃもうめちゃめちゃカッコいいやろなぁ、とは思った。さっすが本間さん、「盛り上がる音楽」の達人ですな。
[PR]

by exbaum | 2008-09-17 03:09 |

桃色洗面器の謎。

桃色洗面器の男の話、ある晴れた日の午後、道を歩いていたらピンクの洗面器を頭に乗せた男が歩いてきました。洗面器の中にはたっぷりの水、男はその水を一滴もこぼさないように、ゆっくりゆっくり歩いています。私は勇気をふるって『ちょっとすいませんが、あなたどうしてそんなピンクの洗面器なんか頭に乗せて歩いてるんですか?』と聞いてみました。すると男は答えました。・・・この続きはエントリの最後に!



例によって月初は忙しくてgdgdな状況で、でも頭はしっかり眠くて(なんだそりゃ)そんな火曜日、生き抜きを兼ねてコーヒーを買いに自販機スペースに行ったついでにアドエスでいろいろチェックしてたのですが。

アンセム(応援歌)収録のご案内
http://www.cerezo.co.jp/news/news.php?f=200809023
リーグ戦も第3クールに入り、残すところ11試合となりました。
今シーズン最大の目標である「J1復帰」を達成するため、スタジアムの雰囲気を盛り上げ、選手を鼓舞する
新しい「アンセム」(作曲:本間勇輔)を作ることになりました。

へー新しい「アンセム」ね。「アンセム」って言うからには選手入場のときの曲のことだわな。
いまの入場曲も結構好きだから、変わっちゃうのはちょっともったいない気もしないでもないけど、まぁフロントもなんかやる気出してるそうだし、いいんじゃないかな。

・・・ちょっと待て。

>作曲:本間勇輔

ほ、

>作曲:本間勇輔

ほ、ほ、ほ、

>作曲:本間勇輔


ほ ん ま ゆ う す け


だとおおおおっ!?

な、なななな、なななななんでそそそんなちちちちょうおおものがさっきょくしてくれるんですか!!

いやー・・・なんか変な汗かいたね・・・仕事中なのに・・・w


ちなみに、本間勇輔氏といえばおそらくもっとも有名な曲がこれ。


もちろん古畑さんの語りは関係ないぞw
#8/20からYoutubeだけ貼れるようになったらしい。次はニコ動にも対応してくれんかなw

実は第一期からの古畑ファンな◎の人ですが、「古畑」を「古畑」たらしめた重要な要素のひとつが本間氏の音楽だと思っています。第一期のサントラまで持ってるんだぜw
それだけに、その本間氏が「セレッソ大阪」というクラブに関わってくれるというだけで、なんかもう涙が出そうなぐらい嬉しい。本来はまるで関わりないはずの私のふたつの嗜好(サッカーとミステリ)がこんな形でクロスオーバーするとはねぇ・・・。

・・・まぁ、そこにかける金があるんなら(ry という批判があるのは承知の上だし、多分それもひとつの正しい意見なんだろうけど。そういうことでも話題になるのなら、それはそれでいいんじゃないのかな。

で、その「アンセム」の(おそらくはサポが歌う部分の)収録が9/13にあるそうですが。うーん、ちょっと迷うなぁ。その日は夕方からライブがあるんだけど、きっちり15:00に終わるのなら間に合うはずだし、もしも本間氏ご本人がいらっしゃるなら是非お姿だけでも、というミーハーな気持ちもあったりする。

ところで「古畑」といえば、この曲をご存知だろうか。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3482842
一度聴いたら耳から離れねぇ・・・www
#このネタをセレスレに落としたかったのに、先週からプロバまるごと規制中orz



ある日の午後、道を歩いていたら向こうからピンクの洗面器を頭に乗せた男が歩いてきました。私は勇気をふるってその男に聞いてみました。『どうしてあなたはピンクの洗面器なんか頭に乗せて歩いているのですか?』・・・

More
[PR]

by exbaum | 2008-09-05 23:47 |

なんと面妖な試合。

8月30日 土 18:00 徳島ヴォルティス 長居 ○3-2

やぁどうも皆様お久しぶりです。実に2週間ぶりの◎でございますw
前回のてすとうp以降、遊んだり仕事したり仕事したり仕事したり遊んだり遊んだり仕事したり仕事したり遊んだり仕事したり仕事したり。
#熊本戦の日ももちろん仕事で、しかも写真や動画の類すら見る暇ありませんでした。
そんな感じでどうにか日々を過ごしていたのですが、どうも年を食うと疲労が身体から抜けなくていけません。特に徳島戦前の数日は帰宅即爆睡な状態でした(遊びに行ったとき以外w)。
第2回ゲーフラ作成会の告知も結局貼れないまま試合当日になっちゃってた・・・あれだけ「出来ることならお手伝いします」と豪語しといて。各方面にいろいろと申し訳ない。

---

で、試合の話ですが。
んー、そんなに複雑な話じゃないと思うんですよね、実は。

要するに、レヴィーの采配ミス。それに尽きる。

確かにシンジの出停というアクシデントはあった。しかしこのアクシデントは、いつぞやあったような試合前アップ時のオマ負傷とかと違って、しっかりと事前準備のできるアクシデントであったはずで、実際それなりに準備は出来ていた。先発メンバーに限っては。

問題は、後半18分の塁→青ちゃんへの交代。
レヴィー曰く、
「青山を入れた意図は、中盤、ボランチの3人でしっかり堅く守り、前の3人で早い仕掛けをするということ」
だそうだが、そもそも「堅く守る」ことを意図する交代であれば、ハネか康太の方が適任だったんじゃなかろうか。

というのも、サテライトの試合や練習試合でのプレーぶりを見る限り、確かに青ちゃんはしっかりと身体を当ててディフェンスできる選手ではある。しかし、それはあくまで「できる」という話であって、実は青ちゃん、本質的には相当な「攻めたがり」なタイプ。隙があればどんどん上がっていってシュートを打ちたいタイプ。
それを否定するつもりは無いし、そういうプレーをするボランチはむしろ好きなのでw チャンスがあればどんどん自分の個性を出してくれればいいと思う。ただ、あの時点に限って言えば、そういうタイプで言えばピッチ上には既にジェルマーノがいたし、ちょっとタイプは違うけどアレーも攻撃型(というか、もともと守備は期待できn(ry)。さらに、水戸戦・徳島戦での2失点目を見てもわかるとおり、左SBの平島の守備能力には正直言ってあまり期待できない(その分、攻撃面ではかなり積極的に絡んできてくれるので、そこら辺は難しいバランスではあるのだけど)。
となると、このタイミングで投入すべきは、もっと守備偏重タイプの選手であるべきではなかったか、と思うわけで。

1失点はまだ仕方ないにしても、2失点目のゴール前での選手の配置がほとんど同じような形だったのが実に腹立たしい。というか、ああいうのをカバーできる采配を振るってくれないことが腹立たしい。
あそこでピンチを察して、「あと1人分」のスペースを埋めてくれるような選手がピッチ上には絶対必要だと思うんだけど、そしてそういう選手はちゃんとベンチの中にいたと思うんだけど・・・どうしてレヴィーは「そういうタイプ」の選手を軽視するのかなぁ。確かに選手構成を見れば、チーム自体が攻撃偏重型であることは明らかなんだけど、それにしても。


愚痴ってばかりだけど、水戸戦よりさらに良くなった面も多々見受けられた。
なんと言ってもフルの復調。あのポジションからの直接FKが決められるようになればまぁ大丈夫だろう(印象深いのは05年のアウェイ東京V戦)。アレーのゴールをアシストしたCKも素晴らしかった。試合後のインタビュー、フルにしてはえらいテンション高かったなw
そのアレーも、先制点となるゴールはもちろん良かったし、ラスト15分程度、疲れかなんか知らんけど足が止まってしまうまでは運動量も判断も良かった。ヤナギのこともうまく使えるようになってる。後は、アレーも含めて運動量が落ちてきたところにフレッシュな選手を投入する指揮官の勇気の問題だ。
小心者でPKをまともに見れないはずの私が、ジェル様のPKだけは安心して見れる不思議w 2回蹴り直しを命じられて(1度目はカイオが、2度目はアレーが蹴るより先にPA内に入っていたという判定らしい。1度目はともかく2度目のは完全に後だと思うんだけどなぁ)合計3回PKを蹴って、きっちり3回とも決めてしまうというこの安定感。
カイオは・・・本当にいい動きをしているだけに、そろそろゴールを決めさせてやりたい親心。
個人的に裏MVPに推したいヤナギ。運動量はもちろんのこと、守備から攻撃、攻撃から守備への切り替えの速さが凄まじい。他の選手への声かけも一番良くできてるよね。地味な部分だけど、そういうのって本当に大切なこと。

次節はシンジも戻ってくるし、後はフルが今度こそシーズン終了まで怪我無く無事にプレーし続けてくれることと、さらにレヴィーがもっとベンチメンバーを信頼してくれれば、もっと安定した試合運びができるようになるんじゃないかと、それを心の支えにしてまずは次の岐阜戦へ。待ってろ牛串!!w

---

ところでこの試合の何が面妖だったかと言えば、

「家本君が1枚もカードを出さなかったこと」

が実に面妖だなとw 決して世間で言われてるほどの駄目審判では無いとは思っているけど、それでも家本君がカード無しで試合をコントロールできるとは思ってもみなかったんだぜ・・・www
[PR]

by exbaum | 2008-09-01 03:55 |