<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ボロボロの私とボロボロのセレッソ。

6月25日 水 19:00 ザスパ草津 長居 ●1-2
6月28日 土 16:00 ロアッソ熊本 熊本 ●2-3


個人的なことで大変恐縮ですが、今週ボロボロだったんですよ私。
まず、急な出張で草津戦に行けなくなる。それも当初の予定ではなんとか後半途中からでも駆けつけようとか思ってたんですが、日帰りのはずの出張が前日になって泊りがけに変更orz 例えどんな糞試合であっても「平日ナイトゲームを観戦できる」というのは本当に有り難いことなのだなと、(強制出席の)現地飲み会の場で思いましたさ・・・。
で、帰阪した次の日は送別会で午前様。

そんなこんなで疲労が限界だったせいか、土曜日は体調を崩して寝込んでしまい(要するに下r(ry )実況スレすら見れない有様。なんせ、この週末だけで24時間ぐらい寝てますからw
で、両試合とも4th Mediaの映像すら見てない、と。さすがにねぇ・・・負け試合、それもどうしようもない試合とわかっていて見るほどの気力は、いまの私には無い。体調がいいときならまだしも。せめてデカシのゴールだけは見てやりたいけど・・・。


まぁそんなこんなで、試合そのものの映像を1秒たりとも見てないので(あ、スパサカも見ずに寝てましたw)何を言える立場ってもんでもない。ただ。


いい加減にしろアレー!!


プレーそのものについては、この2試合についてはまったく見てないし、そもそもレヴィーの采配自体も影響しているかもしれないので、どうこう言うつもりもない。しかしだ。ジェル様が負傷離脱中ってことがわかってて、しかも熊本戦の途中にオマがイエローもらったことで次節出停になったとわかっていて、その後に「異議で」イエローくらって2試合出停ってのはどういうことだ!
こういう形でチームに迷惑かけるってのが一番ムカつく。

あと、いますぐにでも腕のいいフィジカルコーチとトレーナーを探してこい。ここまで野戦病院化しているのはどう考えてもバックアップ体制に問題ありでしょ。
[PR]

by exbaum | 2008-06-30 01:11 |

最近読んだ本。

ここんとこあまり本レビュー書いてなかったなぁ・・・ということで、とりあえず読んだ本と一言感想だけ羅列。

・ローリー・リン・ドラモンド「あなたに不利な証拠として」
 ×。「警察小説」としては十分面白いけど、私が読みたかった「ミステリ」では無い。
 やはりエラリー・クイーン亡き後、アメリカに「本格推理小説」としてのミステリは存在しないのだろうか。

・木村元彦「オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える」
 ○。著者の木村氏はフットボール関係の著書が多いのだが、この本に関しては指導者としてのイビチャ・オシムを無条件に崇拝するのではなく、歴史的・政治的に難しい問題を抱えていた東欧で激動すぎる時代を生きたひとりの人間の波乱の半生を綴った伝記として書かれているのがいい。

・田中啓文「ハナシにならん!―笑酔亭梅寿謎解噺2」
 ○。落語という日本独自の文化を題材としたコージー・ミステリ。予想外に面白かった。仮にこれをドラマ化するなら梅寿師匠は是非とも桂ざこばでw
 どうもこういう、一編一編は独立している短編をまとめてひとつながりの物語にする連作物に弱いような気がする。西澤保彦の「解体諸因」とか、北森鴻の「香菜里屋」シリーズとか。

・西澤保彦「彼女が死んだ夜」
 ◎。タックシリーズの第一長編。実はシリーズの中でこれだけ読んでいなかった(角川版が絶版になっていたため)。幻冬舎さん再文庫化ありがとう。
 ラストの「もうひとひねり」が最高。きっちり伏線も敷いてあるし。
 しかし、タカチの人となりについてはスタートからかなりきっちり練りこんであるようだけど(もっともデビュー作の「解体諸因」ではまだ普通の高飛車ですが)タックはなぁ・・・正直、この人物造詣と「依存」のアレがどうにも結びつかない。ああいう母親がいてああいうトラウマがあったのなら、もうちょっと陰の部分があってしかるべきだと思うんだけど。少なくとも、タック一人称の地の文では。
[PR]

by exbaum | 2008-06-23 02:52 |

水球サッカー。

6月21日 土 14:00 アビスパ福岡 レベスタ ○1-0

4th Mediaのハイライトのみ観戦(?)。
前節のシンジに続き、今日はエゾのスタメン復帰に驚きました。発表では、6/13の練習中に怪我して全治2週間だったよね。今日まだ6/21よ?これなんて情報戦??

前半酷かったねぇ・・・なんじゃありゃ。天候とピッチのせいとはいえ、サッカーに似て非なるもの。あいにくとそんな競技の選手はウチは雇ってませんわw(おそらくは福岡も)なので前半のことはもう、いいです。

後半、雨足が弱まったこともあって一気にピッチ状態が回復した(ように見える)中、セレッソらしい攻撃の形がいくつも見られた・・・のだけど、決勝ゴールは89分のセットプレーから。うーん、勝ったはいいけど病はいまだ全快ならずってところか。

それと、レヴィーの悪癖「膠着状態を選手交代で打開しようとしない」がまた出てるね。こっちも心配。この悪癖が無ければもっとレヴィー支持の方に傾くんだけどな、私もw
ついでに言うと、今日のような天候の試合こそカレカを連れて行くべきだったかと。まぁこれは結果論ですが。

しかし、勝ち負けは置いといて、やっぱりシンジと曜が絡む攻撃はめちゃくちゃwktkするね。これに青ちゃんとか、噂の乾くんが絡むと・・・って考えるともっとwktkできるw

ともあれ、セレッソ・福岡の両選手、スタッフ、現地サポの皆様におかれましては、スーパー悪天候の中、本当に

おつかめさまでした。(←かなり気に入ってる模様)



そういや、今日は久藤ちゃんとりりかタンのお誕生日だったそうで、ふたりともおめ。勝ちをあげれなくてごめんねw
おっきくなったんだろうなぁ、りりかタン・・・。

More
[PR]

by exbaum | 2008-06-22 00:24 |

EUROオワタorz

スウェーデン・・・(つД`)
というか、

ラーション先生・・・(滂沱)


いや・・・でもね、でもね、いまから言うのはズルいかもしれないけどね、初戦のギリシャ戦を見たとき、イヤーな予感はしたんだ。イブラヒモビッチが怪我明け(というかまだ治ってないんだっけ?)でコンディション不良なのはあるにせよ、御年36歳(9月で37歳)のラーション先生がスタメン・フル出場でしかも他の誰より輝いていたとか、頭が下がる思いではあるけど、チームとしてはやはりまずい。
#例えて言えば、モリシが一番目立ってるセレッソ、あるいはゴンちゃんが一番光ってるジュビロ。
ギリシャは明らかに4年前のチームと良くも悪くも変わっていない、どちらかといえばチームとして疲弊してきた分弱くなってる感じだったからまだ勝てたけども、この状態でスペイン、はまぁ仕方ないとしても、果たしてロシアに勝てるんだろうか?という不安はあった。

しかし・・・
何故ここでヒディンクorz

6年前に続いて、またまた本人とは何の関わりもないところでヒディンクを憎んでしまいそうだw


ところで、さすがのラーション先生もこれでお役ご免、もう国際レベルのガチ試合であの勇姿を見ることはできないのかな・・・と思っていたら。

スウェーデン代表のH・ラーション「必要とされるのなら代表引退はしない」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20080619-00000022-spnavi_ot-socc.html

「いや、あなたがスウェーデン代表のシャツを着ている私を見るのは、これが最後ではないと思うよ。そう、僕は2010年ワールドカップまで行けると思っている。ただ、その前に予選があるけどね。もしも、代表チームが私のことを必要だと感じてくれるのであれば、僕は引退しないよ」

ラーション先生・・・!!!

あなた・・・漢だよ・・・カッコよすぎるよ・・・ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。


えーい、NHK-BSでもフジ739でもテレ朝チャンネルでも、この際どこでもかまわん。W杯予選のスウェーデン絡みの試合はすべて放送せんか!!
[PR]

by exbaum | 2008-06-20 01:21 |

せくしーふっぼー。

ちと遅くなりましたがこの話題。

横浜F・マリノスより乾貴士選手期限付き移籍加入のお知らせ
http://www.cerezo.co.jp/news/news.php?f=200806172


あー、まぁごくごく普通に驚きましたよ。驚きましたがしかし、青ちゃんのときのような

ほえぇぇえぇ!?

という感じにはならなかったのは、ポジション的にいまどうしても必要な、層が薄いと思われるところの選手ではなかったことと、何よりも2ヶ月前に「お願いですから貸してください!」とか騒いでなかったからだろうなw


前述のとおり、いま、現時点のセレッソに限って言えば、守備陣、特にCBの補強が急務なので、このレンタルは一見すると的を外しているようにも見えるのですが、サッカージャーナリスト貞永晃二氏のブログに掲載されたインタビューによると

http://fussball-leben.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_34ac.html
―他のチームからもオファーはあったんでしょうか?
 いや、正式に来ていたのはここ(C大阪)だけで、ずっと言ってもらっていて。 (オファーは)5月ですかね。

だそうな。
5月といえばちょうどシンジがA代表に正式選出された時期と符合する。まぁ要するに「そういうこと」なんだろう。そこら辺を考えると、この補強もアリかな、とは思う。
あと、何よりもレヴィーが若い子好きだからねw 同程度の能力が見込まれる選手なら、安定感はあるが伸びしろは少なそうな中堅・ベテランより、いまは不安定だけど何かをきっかけに爆発的な成長を期待できる若手を、という考えなのだろうか。



でもそれはそれとして、

お願いですからCBもちゃんと補強してくださいorz
[PR]

by exbaum | 2008-06-20 01:04 |

いくらなんでも無茶すぎる。

6月15日 日 16:00 ヴァンフォーレ甲府 長居 △3-3

昨日書いたとおり、今日は欠席だったわけですが。
一応前半終了ぐらいの時間に一度得点状況だけ見て、orzとなって、試合終了直前ぐらいにもう一度見て、今度はちゃんと出場メンバーとか得点者とか見て・・・我が目を疑った。

えーと、守備のことは、もういいです。いや、よくはないんだけど、ここにきてエゾまで離脱(まだ2週間なだけマシだけど)となってしまっては、まともな守備の構築なぞ望むべくもない。それでなくても前節からたった3日しか経っていないのに。
せめてエゾが戻ってくるまでは、1点や2点の失点はこの際覚悟の上で打ち合い上等の乱打戦に持ち込まざるを得ないでしょ、実際のところ。
#今季DF登録されてる選手が9人、うちヤナギとオマはSB専任なので省くと、CBとして扱われている7人中実に4人が負傷中。あああ・・・orz

んなことより、


なんでシンジが出てるんだよ。


確かにシンジは人並み外れたスタミナの持ち主だし、素直そうに見えてあれで結構負けず嫌いだし、昨日の出来は絶対不満120%だったであろうことは容易に想像できるから、「今日の試合、出れるか?」って聞いたらまぁおそらく「出ます!!」って言うだろうとは思う。思うけどしかし、出しちゃイカンやろ。心を鬼にして「出るな!!」って言うべきだろ。万が一・・・それで勝ち点を失う結果になったとしても、それでもなお。

もちろんシンジ自身の体調のことも気がかりではあるよ。けど、もうひとつ心配なことがあって・・・こういう前例をつくってしまったら、今後協会が無茶な招集を要求してきたときに、このスケジュールは無理があるから今回は回避させてくれと頼んだとしても

「でもセレッソさん、こないだ代表戦の翌日に試合に出させてましたよね?
 あれができるなら今回も大丈夫でしょ?」

と言われてしまう可能性がある。そういう口実を与えてしまったんじゃないかと、すこぶる不安になるのですよ。


じゃ、4th Mediaでハイライト見てきますw
[PR]

by exbaum | 2008-06-16 00:42 |

無茶しやがって・・・。

とりあえずひとこと叫ばせてください。


(シンジの出る)代表戦と古畑と相棒とEUROのスペイン-スウェーデン戦が全部同じ日にあるって何の嫌がらせですかこれ。



とりあえず「古畑中学生」はスルーとしても(今泉君の出ない古畑に興味は無いw)本放送直後にHDDが壊れてDVDに落とせなかった古畑ファイナルと、明日は早起きして出かけるのでスペイン-スウェーデン戦を録画に回し(なので明日は欠席です。)、代表戦→(途中から)相棒の流れで。
#しかもこんなときに限って「どうでしょう」が対決列島(第1夜)だしw


それで、まぁ、シンジですよ。
うん、全然なじめてなかったねw 最初っから最後まで、笑っちゃうぐらい消えっぱなしだった。いくつかCKを獲得してはいたものの、それも惜しいシュートを弾かれてとか、逆に狙って取りに行ったとかでもなく、ただ単に他に手がなくてCKに「逃げた」って感じで。
あるいはシンジにとっては得がたい経験値を積んだかもしれない。しかし、このチームにとってはなんか意味あったんだろうか。今日、消化試合じゃないよね?きっちり勝って、この後のオマーン-バーレーン戦にプレッシャーかけなきゃいけないんだよね??何考えてんだ、あの水木しげる漫画に出てくるサラリーマンは。

そもそも、なんでシンジがスタメンで憲剛がサブなんだろう(どうでもいいけどさっき川崎サポへにメール打つんで「けんご」って打ったら予測変換に「憲剛」があってビビった)。むしろ何故山瀬がベンチ外なんだろう。さっぱりわからない。(C)湯川准教授


それでもひとつだけ、たったひとつだけ、感謝することがあるとすれば。

6月14日という今日この日に、セレッソの選手が8番を背負ってA代表戦に登場した。

それだけは嬉しかったよ、本当に。
#でもなんで8番だったんだろう・・・?
[PR]

by exbaum | 2008-06-14 23:47 |

これはヤバい。

6月11日 水 19:00 徳島ヴォルティス 鳴門大塚 ●0-2

某店にて観戦。これは・・・ヤバいな。
連敗したこともヤバいんだけど、もっと究極的にヤバいことがある。

守備の崩れはもう仕方無い。「仕方無い」で済ませていい敗戦は無いんだけど、ここに来ていきなり前田が全治6週間で、それでなくても今節はジェルがいないというのに、DFラインの要までいきなりいなくなってしまうというのは予想外というより計算外。控えの阪田・山下ともども、前田と比べるまでもなく経験値の少なさはいかんともしがたい。せめていま少し準備期間があれば少しは違ったかもしれないけど、1日2日でどうにかしろなんてのはあまりに無茶すぎる。
次節はジェルが戻ってくるので、羽田を1列下げる可能性も含めて、もう少し手を入れることになるだろう(交代後の阪田の様子がアレだったのが非常に気がかりではありますが)。

問題は攻撃の方。確かにセレッソの、というかレヴィーの目指すサッカーからすると、今日の条件(アウェイ・雨天・中2日)は明らかに質が落ちるのは否めない。それにしてもパスミスや連携ミスではなく、個人レベルでのミスが多いのも気になるが、仮にそれが改善されたとしても、もっと大きな問題がいまのセレッソの前に立ちふさがっている。

フルが、ヤバい。

いまのセレッソで、最も重要な選手。他の選手に関しては、この選手が駄目ならあの選手をその位置に入れて、代わりにあの選手をこっちに回して、とかまぁ、それなりにやりくりは想像できなくもないが、フルの存在だけは絶対にやり繰りしようがない、おそらくはシンジ以上に替えのきかない選手。
そのフルが、この2節を見る限りだと2年前の春頃にも匹敵する絶不調期に突入してしまったように見える。
とにかくシュートが枠にいかない。それだけならまだしも、試合中であんなにフルが消えまくってることって、ちょっと記憶に無いぐらい。曜の方がまだ効果的に動けてた(動きすぎて最後は完全にへばってたけど)。

水戸ちゃん戦の前日、何故か練習に来ていなかったらしく、それを聞いたときはヒヤリとしたもんだけど、結局当日のメンバー発表を見ると普通にスタメンに入っていて、ほっとしたのもつかの間、いざ試合になってみると調子がいまひとつだった。で、今日のフルのあの出来、というか不出来。察するに、膝か足首か、どこかの調子が悪いのを無理してプレーしているんだろう、とは思う。しかし、シンジがいないいま、フル抜きでセレッソのサッカーを組み立てることなんてできない。
次の甲府戦までに、多少なりともコンディションは良くなるんだろうか。一応、明日の午後以降はしばらく晴れの予報だから、今日よりはピッチ状態は良さそうだけど。


雨のピッチに倒れ込み、ユニを顔にかぶせたまま動かない曜の姿。あれは多分・・・泣いていたように見えた。
曜のプレー自体は、一戦ごとにどんどん素晴らしいものになっている。今日だって、いかにも曜が苦手そうな天候とピッチ状態に苦しめられたけど、最後は見ていられないぐらいバテバテだったけど、それでも最後まで誰よりも必死だった。積極性も十分あった。
去年のシンジもそういう傾向があったけど、成長著しいからこそ、チームの結果がついてこないときはなおのこと責任を感じてしまうのだろう。

いまが一番しんどいとき、とは言えない。この先もっともっとしんどいこともあるかもしれない。
けど、たかだか18歳で、この状況をひとりで打開しろ、なんてのも酷な話なわけで。曜の気持ちを支えてやれる人が身近にいればいいんだけど。
・・・青ちゃん、期待していい?(そこかw)

More
[PR]

by exbaum | 2008-06-12 00:42 |

やっぱりフラグだったかorz

6月8日 日 13:00 水戸ホーリーホック 長居 ●1-2

あーもうやっぱりこんなこと言い出したりするからフラグが立っちゃったんだぜorz

というのはさておき、ものの見事に水戸の術中にハマっちゃったなぁという試合。特に守備に関しちゃ、ここ数試合は「危ないところをつかれながらも相手の決定力不足に助けられた」という試合ばかりでしたし、逆に上位と対戦するまでこのまま「なんとなく点の入らない守備」が続いて変に勘違いするよりは良かった、とも言える。攻撃がね・・・いい時間帯が多々あっただけに、あそこで1点しか入らなかったのが、ほんと惜しまれる。つーか、水戸のGK本間マジですごいわ。フィードは並もしくはそれ以下だけど、シュートに対するあの反応の良さはJ2でもトップレベル。むしろJ1でGKに苦しんでいるチームは容赦無く取りに行けばいいと思う。

それにしても今日のセレッソは自滅した部分が多すぎた。2失点目の場面なんかはミス、ミス、またミスの繰り返しでカウンター食らってるし、攻撃面でもいわゆる「狙ったパス」が通らなくてカット、ならまだしも、クロスがいい加減だったり、いいクロスが来てもファーに飛び込んでいるべき選手がいなかったり、あるいはサイドでのパス交換が通らなかったり、もう少し丁寧にやっていれば、という場面がいくつあったことか。

特に気になったのは、ヤナギに対するミドル・ロングパスがあいまいな距離になってカットされるのが多かったこと。前節までだと、主に左から右へのサイドチェンジが効果的に相手を崩している場面が多々あっただけに今回もそれをひとつのキーとして考えていたんだろうけど、だったらあんないい加減な出し方したら駄目でしょ(ほとんどミスなく通していたのは曜ぐらいだったと思う)。一番ひどかったのは、ボールをキャッチした相澤がヤナギに向かってロングフィードしようとして届かなくてカットされたんだけど、実はこれ、投げる前の時点で既にヤナギがハーフラインを完全に超えてたんだよね。いくらなんでもその距離が届くほど強い肩があるわけでもなかろうにw

アレーの不在も想像以上にデカかった。アレーのボールカットの上手さとか、縦に強引に抜けるドリブルとか、そういうのがあればこそジェルが自由に動け、ゲームを組み立てられたのだなと今日は再認識させられた。あれだけきっちりマークつかれると、やっぱり難しい。
#先週アレーをボロクソに野次ってたヤツ、今日の試合見てどう思っただろう。
次の徳島戦は逆にジェルが出場停止。まぁ、上位対戦を前にリーチ組が1試合ずつ交代で累積を消化していくことはむしろ望むところなのですが、果たして誰がどうゲームの組み立てをやるのか。現役コートジボワール代表w のドゥンビアを抑える役割を担うのは誰なのか。なかなか興味深い。

今日はレヴィーの選手交代もミスだったと思う。点を取りに行く場面なのだから、塁を下げてカレカ、ではなく、塁とカレカを両方ピッチに置いてパワープレーに移行すべきだった。青ちゃんと交代させられた曜はたいそう不満げだったけど、私はむしろハマちゃんともどももっと早く交代してほしかったと思う(まぁシャケの出来もアレだったから、難しいところだったかもしれないけど)。今日の曜はサウジ帰りで時差ボケが治っていなくてコンディションが良くはない、ということはわかっていたのだし。



で。
上記のこととは別に、今日は「12番目の選手」たるべきサポーターにも、反省すべき点がおおいにある、と私は思う。

確かに今日の主審、北村氏は酷かった。ファウルに関する判定は、そのプレイが起きた瞬間にどの角度からどう見ているかによっては正しい判定ができないことも多々あるので、そこはある程度の諦めてかからないといけない。しかし、前半、水戸の選手がファウルの判定に不服だったのかボールを地面に叩きつけた行為に警告が出なかったこと(私の知る限りにおいて、この行為は100%警告対象のはずなんだが)と、その後オフサイドの笛に気づかずにシュートを打ってしまった塁に対して警告が出たこと、この2つは何をどうしたらそういう判定になるのか、何度考えても納得できない。
(念のため、塁の行為も故意であれば遅延行為の対象となるというのは重々承知してます。私が言いたいのは、完全に故意でしかなされ得ない水戸の選手の行為に対しては警告無しで、気づかずにそうなってしまう場合もある塁のシュートが警告有りだったということのバランスです)
そこら辺がきっかけとなって、ファウルの判定とかセレッソ側にとってものすごく不満が溜まる内容だったことは事実です。私だって試合中かなり毒づいてはいた。

しかし、だからといって

前半終了時点で審判に対してブーイングを行ったのは完全にやりすぎ

だと思うのですよ。
あれはまずい、絶対やっちゃ駄目だ。あんなことしたらむしろますますセレッソ側に辛い判定をする可能性が高まるだけで、なんの得にもなりはしない。
まして、前田も前半終了と同時に抗議に行ってたし。あそこはむしろ前田を抑えないといけないぐらいでしょ(なんでかというと、ジェルが既に次節出場停止が決まっている以上、前田には絶対警告をもらわずに済ませておいてほしいから)。

気持ちは熱く、頭は冷静に。それは、選手だけに求められていることではないはずだよ。



試合後。
gdgdと後片付けをして、さて帰ろうかと階段を降りかけてふと気づくと、ベンチにいまだ腰を下ろしたままの人がいた。
単に負けたことがショックだったのか、自らの采配ミスを悔やんだのか、あるいは主審の判定に対する抗議の座り込みだったのか(それは無いかw)ずーっとその場を動かない監督に、サポがかけた言葉はもちろんブーイングでも罵倒でもなく、盛大な応援コール。それでようやく立ち上がる気力を取り戻した彼は、かろうじてにこやかに手を振ると、ピッチを後にした。

変に勘違いしたまま上位対戦に臨むよりは、いまここで足元を見つめ直す機会を得られて良かった・・・と思っておこうじゃないか、レヴィー。
[PR]

by exbaum | 2008-06-09 01:20 |

EURO開幕!

ほんっとに超ギリギリ直前ですが、EUROの話。
普段あまり海外サッカーは見ていない私ですが、不思議とEUROだけはwktkして見てしまう。W杯よりCLより「お祭り」っぽい感じが好きなのかな。

えーと、予想ですか?イタリア・フランス・オランダの「死のグループ組」はもちろん、ポルトガル・チェコあたりも、まずGLの段階でかなり(チームとしての)体力を消耗してそうな気がするので、比較的楽なグループに入れたドイツとスペインがやや優勢と見ておこう。特に代表で結果を残しやすいのはドイツかな。


・・・でも本音はスウェーデン頑張れw いい加減「決勝トーナメント1回戦」の壁を突破したいとこだよね。
俺の俺だけのラーション先生の(今度こそ)最後の勇姿をどうか少しでも長く見させてください(;つД`)
[PR]

by exbaum | 2008-06-08 00:52 |