長い長い長い1年の始まり。

3/8 日 16:04 サガン鳥栖 長居 ○ 4-1

とりあえずだな、

「J2は18チームまで総当り3回戦制で」
と言ったヤツ出て来い。


「残り50試合」って言葉を聞いた瞬間いきなりうんざりしたわ・・・w


まぁ、試合自体はほぼ完勝と言っていい出来。
打ちも打ったりシュート25本!まさに雨霰ってやつですな。
枠内シュート率がちょっとわかりませんけど、半分未満ってこともなかったと思うので、そう考えるともう1、2点入っていても良かったなーと思うのは贅沢杉ですかそうですか。まぁ鳥栖のGKが文句無しの馬鹿当たりやったからねー。長居名物ポスト3兄弟様もご健在のようでw(頼むからウチの味方をしてくれよと)
ゴールシーンは概ねウチらしいのばかりで。乾のゴールが一番好きかな、1度弾かれて再び押し込むってのが、ちょっとモリシっぽいw
というか、セットプレーからのゴールであるエゾのを除いても、今日のゴールシーンはいずれも実際にゴールした人以外に何人もゴール前に詰めてきていて、どこからでも誰からでも得点できる可能性を感じた(だからってエゾってのは意外すぎたけどw)。

今日はあんまり仕事の無かったw GKキムを除いて、石神、チアゴ、そしてマルチネスと、新加入で開幕レギュラーだった3選手がいずれも自らの持ち味をきっちり出してチームに良い影響をもたらした、これはもの凄く大きい。
石神の上がりの位置の良さはいいね。常にボランチのハネやマルチが使いやすい位置にいる。元はSBだけどWBの方が向いてるのかな。と言ってもそこは鹿印のSB、守備の方もしっかりできていて、ボールと相手選手の間に入るのが上手い。
チアゴのカバーは「かゆいところに手が届く」とでもいいますか。あ、そこにいてくれたんだ、と思ったことが何度も。シュートも惜しかったw
そしてマル。彼の凄さは、先日のPSMで既に十分見せ付けられていたのですが、「さすが」というか「やはり」というか、ボールを受けてから出すまでの判断速度が尋常じゃない。そして正確。さらに、ほとんど予備動作無しで大きなサイドチェンジを蹴れるとなったら、相手方めちゃくちゃやりづらいだろうなということは想像に難くない。もの凄い選手が来ちまったぜ・・・。

あと、チアゴもそうだし、エゾ(初ゴールおめ!)もゴリも、割と「上がりたがり」な傾向があるんだけど、そういうときのマルとハネのポジション取りが実に気が利いているので安心できる。もちろんマルが自ら持って上がることも多々あるので、そういうマルの相棒としてはハネはうってつけかもしれない。


ところで、「ほぼ完勝」と書いたけど、反省要素が全く無いというわけでもなく。
1失点、ということよりも、その失点につながったFK。というか、何度も同じような位置でファウルをしてFKを与えてしまってたのはちと気がかり。あの辺からのFKは、良いキッカーがいるチームには滅法危険だぞ。
あと、やっぱり交代枠余らせるのな、監督は。こういう余裕を持てた試合こそ、最後の数分でも選手を入れて早めに馴染ませて欲しいのだが。
そういう意味では、唯一途中投入された康太は、監督の中では「貴重な駒」という扱いなのかも。


最後に、今日はとことんゴールの神様に嫌われたけど、あまり凹むなよシンジ。

元祖8番の悪いときの外しっぷりはこんなもんじゃなかったんだからwww
[PR]

by exbaum | 2009-03-09 02:08 |