「ほっ」と。キャンペーン

8は無敵の数字。

でもって、今日のメインイベント。

今回のPSMの詳細を知ったとき、正直言ってびっくりした。よくもまぁ、この無茶苦茶なルールをガンバが飲んだなとw
だから、こと今回のPSMに関しては、ガンバには本当に感謝している。スムーズな進行にも色々協力してくれたし(主にマスコット的な意味で。ガンバボーイはいいやつ)。


2008年12月6日。あのときほどの切実な胸の痛みは、いまの私にはもう無い。
あの日は、日本サッカーの公式戦という場に、あの「8」が立つのはこのとき、この瞬間が最後なのだと、ただそれが悲しくて、淋しかった。これが最後というのなら、ほんの僅かの時間なら、せめて万全のコンディションでプレーさせてあげたかった。

でも今日は公式戦ではなく、あくまでも調整試合のおまけ。こういう形でなら、今日この日のプレーが最後というわけではないはずだ。来年には名波の引退試合もあるし(今日ああいう形で出てもらった以上、来年出ないというわけにはいかないだろうw)いずれ、近い将来か遠い将来かはわからないけど、唯一無二の相棒がスパイクを脱ぐ日もいずれは来るわけで、そのときにはまた何らかの形で引退試合的なものが組まれるはず。そのときに「8」の姿がピッチにないことなど、それこそ考えられない。

結局、プレーできたのはロスタイム入れても5分少々程度だったし、ボールに触る機会も僅かしかなかった。このことに関してだけはガンバに少々文句言いたいがw(適当なところでボール渡るようにしてやれよと。つーか誰だ、本気でプレスかけに行ってたやつはww)まぁ形はどうあれ、もう1度セレッソの選手としてプレーする姿を見ることができた。それも、セレサポなら誰もが願ってやまなかった、相棒との共演という形で。あろうことか、「親友」にして「ライバル」の助力というオプション付きで。
結果はともかくとして、「いつか見たい」と願っていたものを、最後に見ることができた。
きっと、それを願っていたのが私だけでは無く、それどころか誰よりも彼ら本人が願っていたからこそ、実現できたことなのだろう。

それにしても改めて思うのは、ガンバの協力も含め、こういう「無茶苦茶」が「まぁ、彼の花道のためだからね」ということで許されるぐらい、セレッソというチームにとって、そして関西サッカーにとって、その小柄な「8」はかけがえの無い大きな大きな存在だったのだということ。
そういう素晴らしい選手を、実に10年にも渡って見守り、応援し続けてこれた私はラッキーだ。彼のおかげで、「Jリーグ」というものと幸福な出会いをすることが出来たのだから。

次にピッチ上の彼に会えるとき、それはどんな舞台で、セレッソはどんなチームになっているんだろう。
願わくば、彼自身が言うとおり「強く、たくましい」チームに育っていて欲しい。



背番号8、森島寛晃。
私にとって、セレッソの「8」は永遠にただひとりだ。

(じゃあシンジは認めないのかよって話だけどw シンジのは「8」じゃなくて8番ということで。ま、単なるニュアンス的な問題だ)
[PR]

by exbaum | 2009-02-23 02:46 |