YOU ARE MY HEART

12月6日 土 12:00 愛媛FC 長居 ○2-1

結局、勝ち点1差で入れ替え戦には進めなかった。
でもそれは自業自得だから、もう仕方が無い。

「絶対に勝たなければ」という思いのせいでかえって固くなってしまったのか、特に前半は酷い有様だった。大事な試合でいつもそうやって自滅してきたからこそ、あと1歩届かなかった。それは来年に向けての大きな課題だ。
まぁ、最大の敵はUGタンの呪いだった気がせんでもないがw

それでも、今日は、何があっても、どんなみっともない形であっても、絶対に勝たなくちゃいけない。仙台の結果には一切関係なく、2008年最後の試合はどうしても笑顔で終えなければならない。ピッチ上の選手も、控えの選手も、監督も、スタッフも、もちろんサポも、誰もがその思いを共有していたはず。
失点後のセレッソの選手が見違えるように必死さを取り戻したのは、多分そういうことなのだろう。

同点ゴールを決めたのが、現在のチームでは濱ちゃんの次にモリシと長く一緒にいたシャケだったことも嬉しいと思った。
(シンジにしろ乾にしろ濱ちゃんにしろ、テンパるとシャケの存在を忘れたかのようにすぐ中央突破したがるのは悪い癖だね・・・)
そして、1アシスト1ゴール、試合を決めたカイオ。シャケの動きにピタリとフィットしたアシストも素晴らしかったけど、自らが決めた逆転ゴール後の飛行機、そしてモリシとの抱擁。
カイオはセレッソに来てまだ半年かそこらなのに、そして日本育ちなわけでもないから「日本サッカーにおけるモリシの存在の大きさ」など知らないはずなのに、もうずっとセレッソにいるような、モリシの素晴らしさを誰よりも理解しているかのような、不思議な印象を受けた。
・・・一瞬「誰か」の影が被ったのは私だけだろうか。
#何故か今日、西京極じゃなくて長居にいた人。

1点差では、今日は試合に出られないかも、と思っていたけど、ラスト数十秒だけ交替出場。
その瞬間のスタジアムの雰囲気。「すぐにでも交替させてくれ」と訴える選手達の表情。交替でピッチを後にするシンジを労うモリシ。駆け寄ってキャプテンマークを譲るゴリ。
#本当はシンジこそモリシと一緒にプレーさせてあげたかったけど・・・シンジは既に事実上の「8」だから、同じ背番号の選手は同時にピッチにいてはいけない、という意味合いだったのかもしれない。
ほんの数タッチのプレー。試合終了。モリシと抱き合う選手達の笑顔。
すべてが・・・あの数十秒間のすべてが、あの場に居合わせることができた者にとっては最高の宝になるだろう。
愛媛サポさんも、寒い中長く残ってモリシに声援を送ってくれて本当にありがとう。


・・・とまぁ、これで終われば涙・涙の物語なんだけどね。
その後の引退セレモニー、肩車や(騎馬戦の)騎馬に乗ったりしながらのgdgdな場内一周(白黒コンビが「さぁ乗って」と言わんばかりにしゃがんで腕を組んでいるのに、意味が分からず一緒にしゃがんじゃうとか、もうね・・・www)、シンジへの「8」の継承、ロビーをGKにゴールを狙うモリシ、そして外して崩れ落ちるモリシw、 シンジのアシストをちゃんと決めるモリシ、最後の飛行機。そして選手一同の花道をフルボッコされながら駆け抜けるラスト。
最後の最後まで、モリシはやっぱりモリシそのものだった。


やっぱりモリシには、涙ではなく笑顔がよく似合う。
決して人を傷つけるような嘲笑ではなく、周囲を温かく包み込む、陽光のような笑顔、それでこそ私達のモリシだ。

モリシが現役生活を送った18年間。
どのタイミングで出逢った人も、モリシからはたくさんの幸せを受け取れたと思う。

ただ、私達は遂に最後まで「本当の意味」ではモリシを幸せにしてあげられなかった。
そのことは、この先-たとえ将来セレッソがJ1でタイトルを取り、「強豪」と呼ばれるようなチームになる日が来たとしても-ずっと背負い続けなければならない十字架のようなものだ。
その贖罪、というのはさすがに言いすぎかもしれないけど、モリシがピッチを離れた後のセレッソは、私達が大切に守り、育てていこう。
大地にしっかり根を張り、枝ぶりも見事な、強く美しい桜の木に育て上げて、いずれ指導者として戻ってくるであろうモリシに返そう。


いつか来るその日まで、あなたの名前と笑顔は私達の心の真ん中に。
モリシ、大好きだよ。本当にありがとう。





こんな文章を真夜中に泣きながら書いてるヤツってマジキモいよね(´・ω・`)
引退発表から1ヶ月とちょっとの間、
「モリシのことで泣くのは最後の1日だけ」
と思って、今日までずっと我慢してきたんだ・・・。
ひと晩寝て起きたら笑えるようになると思うから、今夜だけ許して。
[PR]

by exbaum | 2008-12-07 03:35 |