「ほっ」と。キャンペーン

5000歩譲って考える。

モリシラストマッチ


ヤナギの件。
http://ameblo.jp/masayuki-yanagisawa/entry-10171981337.html

4バック継続or3バックと4バックの併用という方向性なのであればSB職人であるヤナギの存在は絶対手放しちゃいけないもの。
だけど、今後は原則として3バックのみでいくということであれば、WB(って言わないんだっけ最近は)としての適性が高いシャケや平島の方に予算のプライオリティが傾くのは、チームとしてはやむを得ない部分はあるかもしれない。
特に平島は、今日も今日、京都から戦力外通告が出たので、これはもう事前にウチと京都の間で「そういう方向でいこう」というコンセンサスをとってたのだと思う。
#徳さんと加藤大志の扱いに関しては力いっぱいモノ申したいがw

そこへ加えて、世界的レベルのこの大不況。
ほとんどのチームが、なんらかの痛みを伴わずしてこの年末を乗り切れないのは確かだろうし、セレッソの場合はそれがヤナギだった、ということなのだろう。
「”それ”がヤナギで本当によかったのか?」という疑問はものすごく感じるけど、じゃあ誰なら良かったのよ?と聞かれるとそれは正直答えづらいもんがあるわけで。
そういう意味では、「納得」は絶対にできないけど、とりあえず一定の「理解」はあります。


まったく理解できないのは、だ。

岡山切ったら駄目だろ仙台!!!

前々節の横浜FC戦まで普通にレギュラーやったやん・・・。
その後何があったか知らんけど鳥栖戦でベンチメンバーからも外したら惨敗やったやん・・・。

その横Cも、エリゼウとアンデルソンがWで戦力外か・・・。
鯱の米山(他サポながらあのFKは泣ける)と三木、緑の廣山、(ベテランを必要としてるチームなら)服部、このあたりは「ら」前半の目玉商品となるやもしれない。
GKに困っているところにとっては土肥・シュナ潤あたりも見逃せない。

あ、徳島の玉乃もか・・・・・・・・





ところで、これは以前から他の選手のブログとかでも時々見受けられたのでちょっと気になってるんだけど。

今回の件、フロントの対応に納得いかないのはわかる。すごくよくわかる。私だって納得は永遠にできやしない。
ただ、選手の書いたブログのコメントにサポがフロント批判を書くのはやめた方がいいと思うんだ。

今回のヤナギは「退団」という内容だけど、それでもひょっとしてひょっとしたらまかり間違って再契約、という可能性だってとりあえず0ではない。よそのチームでの話だけど、いったん退団が決まった選手が後に再契約した例は実際にあるんだし。
また、そういうことが無いとしても、自分のブログに自チームのフロントに関する批判のコメントがつけられている場合、選手の方も対応に頭を悩ませるんじゃないか?と心配になるんだよね。
#まったく悩まない人も中にはいるけどw

なんでそんなことが心配になるかというと、誰あろう◎自身が契約社員的な立場にあるからでしてw(「派遣社員」とはまた別物だったりするからややこしい)
ちょっと前に、契約更新の件で少々モメたものでして・・・板挟み的な立場ってのが、なんか、こう・・・身につまされてねぇ・・・www

もちろん選手の側にだって言いたいことはたくさんあるだろう。けど、彼らがプロのプレイヤーである以上、そして選手とチームとの関係は契約によって成り立っている以上、「思っていても表立っては言えない」ことはいくらでもある。セレッソとは比べもんにならんぐらい良い仕事をしているフロントを相手にしているときでさえあるだろう。
不満の内容が「契約不履行」に関するもの(例えば給料の未払い)であるならともかく、契約更新の有無なんてのは、契約社会では当たり前にある壁であって、それが納得いかないからと言って、目に見える場所でのチーム批判なんて許されるもんではないよね。

一方で、サポが選手を気遣って書いてくれたコメントがフロント批判である場合、選手が困るんじゃないかなぁ、と思うわけだ。全肯定したら自らがフロント批判をしたと同じことになってしまうし、かといって全否定したらサポの気遣いを踏みにじることになりかねない。
そういうジレンマに、選手を落とし込んではいけないんじゃないか?と思うわけですよ。


フロントに対しての抗議は(今回の件がまったく受け入れられないのであれば)言ってもかまわない、というか言った方がいいのだろう。
けど、それを言う場所は選手ブログのコメントじゃないと思うし、選手への愛情や感謝の伝え方もまた別にあるはず、と思うんだ。
[PR]

by exbaum | 2008-12-02 02:33 |