やっぱりフラグだったかorz

6月8日 日 13:00 水戸ホーリーホック 長居 ●1-2

あーもうやっぱりこんなこと言い出したりするからフラグが立っちゃったんだぜorz

というのはさておき、ものの見事に水戸の術中にハマっちゃったなぁという試合。特に守備に関しちゃ、ここ数試合は「危ないところをつかれながらも相手の決定力不足に助けられた」という試合ばかりでしたし、逆に上位と対戦するまでこのまま「なんとなく点の入らない守備」が続いて変に勘違いするよりは良かった、とも言える。攻撃がね・・・いい時間帯が多々あっただけに、あそこで1点しか入らなかったのが、ほんと惜しまれる。つーか、水戸のGK本間マジですごいわ。フィードは並もしくはそれ以下だけど、シュートに対するあの反応の良さはJ2でもトップレベル。むしろJ1でGKに苦しんでいるチームは容赦無く取りに行けばいいと思う。

それにしても今日のセレッソは自滅した部分が多すぎた。2失点目の場面なんかはミス、ミス、またミスの繰り返しでカウンター食らってるし、攻撃面でもいわゆる「狙ったパス」が通らなくてカット、ならまだしも、クロスがいい加減だったり、いいクロスが来てもファーに飛び込んでいるべき選手がいなかったり、あるいはサイドでのパス交換が通らなかったり、もう少し丁寧にやっていれば、という場面がいくつあったことか。

特に気になったのは、ヤナギに対するミドル・ロングパスがあいまいな距離になってカットされるのが多かったこと。前節までだと、主に左から右へのサイドチェンジが効果的に相手を崩している場面が多々あっただけに今回もそれをひとつのキーとして考えていたんだろうけど、だったらあんないい加減な出し方したら駄目でしょ(ほとんどミスなく通していたのは曜ぐらいだったと思う)。一番ひどかったのは、ボールをキャッチした相澤がヤナギに向かってロングフィードしようとして届かなくてカットされたんだけど、実はこれ、投げる前の時点で既にヤナギがハーフラインを完全に超えてたんだよね。いくらなんでもその距離が届くほど強い肩があるわけでもなかろうにw

アレーの不在も想像以上にデカかった。アレーのボールカットの上手さとか、縦に強引に抜けるドリブルとか、そういうのがあればこそジェルが自由に動け、ゲームを組み立てられたのだなと今日は再認識させられた。あれだけきっちりマークつかれると、やっぱり難しい。
#先週アレーをボロクソに野次ってたヤツ、今日の試合見てどう思っただろう。
次の徳島戦は逆にジェルが出場停止。まぁ、上位対戦を前にリーチ組が1試合ずつ交代で累積を消化していくことはむしろ望むところなのですが、果たして誰がどうゲームの組み立てをやるのか。現役コートジボワール代表w のドゥンビアを抑える役割を担うのは誰なのか。なかなか興味深い。

今日はレヴィーの選手交代もミスだったと思う。点を取りに行く場面なのだから、塁を下げてカレカ、ではなく、塁とカレカを両方ピッチに置いてパワープレーに移行すべきだった。青ちゃんと交代させられた曜はたいそう不満げだったけど、私はむしろハマちゃんともどももっと早く交代してほしかったと思う(まぁシャケの出来もアレだったから、難しいところだったかもしれないけど)。今日の曜はサウジ帰りで時差ボケが治っていなくてコンディションが良くはない、ということはわかっていたのだし。



で。
上記のこととは別に、今日は「12番目の選手」たるべきサポーターにも、反省すべき点がおおいにある、と私は思う。

確かに今日の主審、北村氏は酷かった。ファウルに関する判定は、そのプレイが起きた瞬間にどの角度からどう見ているかによっては正しい判定ができないことも多々あるので、そこはある程度の諦めてかからないといけない。しかし、前半、水戸の選手がファウルの判定に不服だったのかボールを地面に叩きつけた行為に警告が出なかったこと(私の知る限りにおいて、この行為は100%警告対象のはずなんだが)と、その後オフサイドの笛に気づかずにシュートを打ってしまった塁に対して警告が出たこと、この2つは何をどうしたらそういう判定になるのか、何度考えても納得できない。
(念のため、塁の行為も故意であれば遅延行為の対象となるというのは重々承知してます。私が言いたいのは、完全に故意でしかなされ得ない水戸の選手の行為に対しては警告無しで、気づかずにそうなってしまう場合もある塁のシュートが警告有りだったということのバランスです)
そこら辺がきっかけとなって、ファウルの判定とかセレッソ側にとってものすごく不満が溜まる内容だったことは事実です。私だって試合中かなり毒づいてはいた。

しかし、だからといって

前半終了時点で審判に対してブーイングを行ったのは完全にやりすぎ

だと思うのですよ。
あれはまずい、絶対やっちゃ駄目だ。あんなことしたらむしろますますセレッソ側に辛い判定をする可能性が高まるだけで、なんの得にもなりはしない。
まして、前田も前半終了と同時に抗議に行ってたし。あそこはむしろ前田を抑えないといけないぐらいでしょ(なんでかというと、ジェルが既に次節出場停止が決まっている以上、前田には絶対警告をもらわずに済ませておいてほしいから)。

気持ちは熱く、頭は冷静に。それは、選手だけに求められていることではないはずだよ。



試合後。
gdgdと後片付けをして、さて帰ろうかと階段を降りかけてふと気づくと、ベンチにいまだ腰を下ろしたままの人がいた。
単に負けたことがショックだったのか、自らの采配ミスを悔やんだのか、あるいは主審の判定に対する抗議の座り込みだったのか(それは無いかw)ずーっとその場を動かない監督に、サポがかけた言葉はもちろんブーイングでも罵倒でもなく、盛大な応援コール。それでようやく立ち上がる気力を取り戻した彼は、かろうじてにこやかに手を振ると、ピッチを後にした。

変に勘違いしたまま上位対戦に臨むよりは、いまここで足元を見つめ直す機会を得られて良かった・・・と思っておこうじゃないか、レヴィー。
[PR]

by exbaum | 2008-06-09 01:20 |