怒れる監督。

4月29日 火・祝 17:00 愛媛FC ニンスタ ○4-1

セレッソが4得点なんてしたのは、昨年11月のアビスパ戦以来のようです(4失点はついこないだ食らったけどorz)。ようやくセレッソらしいサッカーを思い出せてきたのかな。

・・・と思いきや、オフィのゲームレポやJ's Goalの監督インタビュー

http://m.cerezo.co.jp/pc/detail.php?game_id=131

http://www.jsgoal.jp/news/00064000/00064304.html
によると、レヴィーは激怒していたらしい。無論主審にではなくw ウチの選手に対して。

ま、確かに結果だけ見ても、前半で既に3-1なのに後半1点しか取れないというのは、攻撃の手を緩めたからと見られても仕方ないかもしれないけど、でも各記事を読む限り、それが理由というわけでもないようだね。もっとこう・・・根本的な問題?畳み掛けるべきところで、自らミスを連発してチャンスの芽を潰してしまっている?試合を見れなかったのであくまで想像ですが、そういうことを言いたいのかな。

相変わらずレヴィー・クルピという監督に対しては半信半疑の域を出ていない私ですが、逆にレヴィーのこういうとこは結構好きだったりするんですよね。完璧な勝ち試合の後であえて厳しく叱咤できるっていうのは良いことだ。逆に完敗の後で激怒したりなんかすると、ますます萎縮したりするからね。特にいまのセレッソには若い選手が多いだけに。

4th Mediaのハイライトでざっと見ただけですが、塁のゴールはいいね。やっと去年の怖さが戻ってきた感じかな。フルの復帰にもうしばらく時間がかかりそうな現在、塁にかかる期待はとても大きい。
それと、白谷は見れば見るほど「国見っぽい」選手だなぁw これで決定力があったら完全にどこぞの誰かさんなんだけどww そうではないところがまだ不満と言えば不満。逆に1年目にして早速チームプレーができるという頭の良さは、どこぞの誰かさんとは違う彼の長所やね。
#ヒント:足にマメが出来て普段より大きいスパイクが必要になったとき、何故かメーカーではなくウチのデカシにスパイクを発注するヤツ。

良くも悪くもこういう試合をやって、「その次」というのはいろいろな意味で楽しみなのだけど・・・残念なことに次節は今年初のホームゲーム欠席ですorz(私が)


次の対戦ではベンチじゃなく、ゴールマウスに立ってろよ。>多田
[PR]

by exbaum | 2008-04-30 02:29 |