「ほっ」と。キャンペーン

2011 ACL グループG 第4節

4/20 水 19:00 全北現代(韓国) 全州WCスタジアム ● 0-1

うーん、惜しかったなぁ。ほんと惜しかった。

って書くと「あんな試合でどこが惜しいんだよっ」って突っ込む人もいると思うけど、ACLはどれも厳しい戦いになることは最初からわかりきってたし、ましてアウェイ韓国なら苦しい試合になるのが当たり前。
そんな中でも「なんとか凌ぎ切る力」をつけてほしいと思っていたのだけど、あと少しのところで凌ぎきれなかったなー、とね。

特に前日、名古屋-FCソウルの試合(前日乗り込みしていたセレサポが結構行ってたらしいねw)をテレビ観戦してたのですが、「この試合で名古屋が食らったシュートは20本は下らない。」というマッチレポートが示すとおりそれはそれはもう心臓に悪い試合だったのですがw 凌いで凌いで最後に追加点を入れて突き放すあの力はやっぱりすげーなー、と感心したもんです。「名古屋のサッカーは面白くない」という人がいることも知っているけど、個人的にはあれはあれでセレッソが目指すサッカーとはまた別種の面白さがあるんじゃないかと思うし、とにもかくにも去年はそれで最高の結果を残したわけだからねぇ。

セレッソが目指すものを手に入れるためにも、ああいうところを凌ぎ切る力は今後絶対に必要になる。今回はその為の授業料を払ったと思っておこう。

ただ、まぁ・・・この試合に限ってはクルピの采配は完全に裏目ったなとw あるいはこの試合そのものよりも、来るべきJリーグ再開に照準を合わせて○ちゃんをチームにフィットさせときたいという狙いがあったりして。あの監督の考えることだけはほんとわからんからな・・・(苦笑)





個人的なことで恐縮ですが、この試合は現地に行きたくて行きたくてしょうがなかった。行けないことをこれほど悔しいと思った試合も久々だ。

ムグンファ号で全州に乗り込んでピビンパ食べたかった・・・(わかる人だけわかってくだされ)
[PR]

by exbaum | 2011-04-23 03:40 |