「ほっ」と。キャンペーン

2010 JリーグDiv.1 第27節

10/23 土 17:04 ベガルタ仙台 キンチョウスタジアム △ 0-0

で、こないだの試合ね。うーん・・・。
見方は色々あるのだろうけど、私はこの試合、25節の新潟戦に比べりゃよっぽどマシなサッカーしてると思ったので、あの試合ではどうにか勝ててこの試合で勝てなかったというのがいまいち腑に落ちないというかw もちろん絶好調時から見ると全然なのは確かなんだけど、何本かあったポスト・バーに当たったやつ、ノッてるときならああいうのが1本は確実に入ってる(下手すると当たった後ゴールの内側に落ちるとか)と思うので、やっぱりノッてるチームだけが引き寄せることの出来る「運」みたいなのってあるんだなぁと、変なところで感心。

あと、これはJFA関係者にお願いしたいのだが・・・外国人審判を招聘するならするでいいから、各チーム最低1度は必ず当たるように(それだけの期間日本に滞在してもらえるように)配慮してもらいたい。日本の審判と明らかに感性が違う人達に試合をコントロールされることによる不具合、それを受けるチームと受けないチームがあるのはすごく不公平だと思うのね。
7月にイングランド審判(かなりアレだった)と当たって、今回またポーランド審判チームと当たるって、一体何の罰ゲームなのかとw





こういう話はあんまり書きたくないんだけど、でも今回はちょっと書かずにおれないので書く。

この試合のとき、FM NAGAIにある番組の取材が入ってたのね。まぁそれはいいんだけど、その番組の収録で「メインスタンドからFM NAGAIのブースを撮るので手を振ってほしい」という指示があったそうなのよ。試合の最中に。

これはね、本当にやめてほしい。もちろん西川君やモリシを責めるつもりは毛頭ないんだけど、その番組のスタッフとか、もっと言えば今回の取材を受け入れたセレッソのスタッフとか。

FM NAGAIは、あくまでも「いま目の前で行われている試合について話す」のが趣旨の番組。どんだけ話が(試合そのものから)ずれていても、居酒屋トークになっていてもw それらの話は「試合を見ながら」行われるものでなければならないはず。たとえ僅かな時間とはいえ「試合から目を離す」ということは絶対にしないでほしい。万が一、2人が試合から目を離したその瞬間に、何か重大な出来事がピッチ上で起きたりしたらどうすんのかと。

西川君やモリシが勝手に目を離すのなら、それは出演者の責任として非難されるべきものだけど、そういう指示を外から与えたりしないでほしいし、セレッソ側も「いや、試合中は勘弁してください」と断ってほしい。第一、下からの映像とかハーフタイムとかでも撮れるでしょ普通に。
[PR]

by exbaum | 2010-10-28 01:25 |