「ほっ」と。キャンペーン

2010 JリーグDiv.1 第11節

7/14 水 19:04 サンフレッチェ広島 広島ビッグアーチ ○ 5-0

香川真司が旅立った5/15のヴィッセル神戸戦は第12節で、W杯後最初の試合となるこのサンフレッチェ広島戦は第11節です。ああややこしや。
・・・ふと思ったんだけど、シンジにしろ、川島とかテセとか内田とか長友とかその辺にしろ、移籍自体は7/1とかそこら辺付けだけど、本来はそれより前に行われるはずだったものの延期分として行われたこの試合には、出場しようと思えば出来たのかね?(本人の意志はともかく、あくまで規定上の問題として)でないと、ガンバ-京都戦でイ・グノが出場できなかったことと微妙に整合性が取れない気が。


まぁそんな話はさておき、5得点ですよ。5得点。正直びっくりw
◎家ではスカパーが(主に角度的な理由で)受信できないので、仕方なくケーブルTVでガンバ-京都戦を見ながらtwitterのTLを時々眺めてたんだけど、2点目以降のキターの連発はさすがに笑いが止まらんかったw
今だから言うけど、今季未勝利のアウェイ、しかも苦手の広島、苦手のビッグアーチ、苦手の不良馬場(馬場じゃねぇw)と、これだけ条件が揃っていたので、実は逆のスコアもあるんじゃないか?とすらひそかに思ってました・・・。

翌日のJスポでの録画中継でようやく試合を通して見れたのだけど、まぁさすがに1人退場になってなかったらここまでの試合にはなってなかったろうな、とは思う。思うけどしかし、退場になってなくても負けそうな感じはあんまりなかった。正確に言うと、前半15分までの段階で失点しなかった時点で負けは無くなった。そのぐらい、最初の15分までは完全に広島ペースで、それ以降はずっとセレッソのターンだった。

主審の名前を見た時点ですごーく嫌な予感がしまくったのですがwww まさかそれがこっちに有利に働くとはねぇ。いや、こっちもしっかりもらわなくてもいいカードを2枚ほどいただいているのですがw(乾と家長。つーか家長はともかく乾はなんでカードもらったんだ、あれw 異議唱える場面でもなかろうに)
高萩のカード自体は2枚ともまぁ妥当かなと思うけど、カード基準の緩い主審ならどっちかは出てなくても不思議ではないので、そこら辺はやはり松尾基準というか、なんというか。

ただ、5-0なんてスコアは、片方が1人少ないぐらいではそうそう起こることではないわけで、ある時点から完全に広島がおかしくなっていたのも確かだと思う(多分オウン以降だと思うけど、特にGKの西川君がなんかちょっとキレちゃった感じ)。
もっとも、(ここはちょっと言葉遊び的な表現になってしまいますが)5-0なんてスコアは、片方が1人少ない&キレちゃっただけでそうそう起こることでもないと思うので、セレッソもセレッソなりに良いサッカーが出来たんだとも思う。
特に守備に関しては本当に素晴らしかったように思う。大の苦手である佐藤寿人をきっちり押さえ込んだのは、今後に向けて大きな自信になるはず。
#そういや「無失点勝利」も今季初なんだね。


それにしても、中継を見ていて改めて思ったんだけど・・・

やっぱ似てるよね、寿人と乾w(どうしてもそれだけ言いたかった)
[PR]

by exbaum | 2010-07-17 03:54 |