「ほっ」と。キャンペーン

2010 JリーグDiv.1 第1節

3/7 日 15:05 大宮アルディージャ NACK5スタジアム大宮 ● 0-3

   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはい黒星スタート黒星スタート
     `ヽ_っ⌒/⌒c
        ⌒ ⌒

自宅を離れられない事情があったんでおうち観戦でした。
・・・うん、なんかもう、ものの見事に想定内の結果でしたね。
4年ぶりのJ1、苦手の開幕戦、苦手の大宮、苦手の雨、これだけでもドツボフラグとしては充分すぎるぐらいなのに、正GK出停、スタメン大幅入れ替え、練習試合不足、ゆえに連携不足と、これだけ材料が揃えばまぁ、誰にでも想定できる結末ではある。

以前のエントリでも書きましたとおり◎の家ではスポニチを購読しているわけですが、昨日の試合についての記事がWEB版と紙面で若干違っているのね。
具体的に言うと、

C大阪3失点大敗…香川「全然違う」悔しい“初陣”
http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/201003/08/socc217848.html

この記事の後に続きがあって、なんでも監督としては「もともと10試合前後でチームを完成させる青写真」うんぬんとあるんだけど、おいふざけんなよと。J1の試合数わかって言ってんのか。

始動が遅いとか、来日が遅いとか、そこら辺はまぁいいとしよう。去年も今年とほぼ同じような時期に始動だったけど、ちゃんと開幕にはチームづくりの少なくとも初手は間に合ったんだから。言い換えれば、始動が早かろうが遅かろうが、大事なのは開幕までに戦えるチームをつくることであって、それさえ出来れば何も文句は言わないよ私は。
連携をつくるのに試合数が足りないと思うんなら、短いキャンプ中でも練習試合を数多くこなせばいい。いくら「実戦に勝る練習無し」と言っても、とにかく数をこなして身体に刷り込んでいくしかない類のプレーはなんぼでもあるし、そういうのを事前にやっておくだけでも「チームづくり」としては間違いなく前進する。やれることをやらないでおいてこういう結果が出て、今さら何を言ってるんだよ。

こういう状況である以上、試合に関してはいちいち誰が良かったと悪かったとかは考えるのやめとく。一言で言えばみんなほとんど何も出来てなかったけど、でもそれは選手個人の責任じゃない。今の段階ではね。テレビで見ているだけでもものすんごく寒そうでつらそうだったので(選手もサポも)とりあえず体調だけは崩さぬよう。

香川&乾をチェック?大物代理人連日の視察(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/03/08/09.html

んんん?w

【10/03/08】「日刊スポーツ新聞 西日本」とオフィシャルスポンサー契約締結のお知らせ(セレッソ公式)
http://www.cerezo.co.jp/news_detail.asp?c_idx=10002992&contents_code=100104

な、なんだってー!?Ω ΩΩΩ
スポニチとの差別化が・・・w





前のエントリでも書いた、塚本選手の件。

J's GOAL | フォトニュース | [ J1:第1節 大宮 vs C大阪 ]
http://www.jsgoal.jp/photo/00058400/00058445.html

試合開始前の塚本泰史選手の挨拶時に、アウェーのC大阪サポーターは「塚本、絶対ガンに負けるな」の横断幕を掲げ、塚本コールで治療に専念する塚本選手へのエールを送った。

スポニチにも写真がありますね。
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/03/08/KFullNormal20100308114_p.html

当日、こういう趣旨のダンマクを出すということはちらっと小耳に挟んでましたし、塚本選手に対してのコールもあったとのこと。
これから大きな大きな試練と戦おうとしている塚本選手にとって、こういった形のエールがどれだけ力になれるのかはわかりませんが、大宮に限らず、Jリーグを愛するサポーター達もまた塚本選手のことを心から応援しているのだと伝われば、本当に嬉しく思う。

ただ・・・J'sのコメントで「こんなエールを送ってくれるセレサポは本当に優しい」とかなんとか、そういうのがいくつかあるけど、厳密に言うとこれは「優しさ」では無いのではないかな、と思う。

実のところ◎の人はそんなに善人でも無いので、対戦相手をボッコボコにして泣かせてやりたい、ぐらいの黒い願望は常に胸のうちにあるわけですがw(でもサポーターなんて本質的にはみんなそうだよね?(確認))ただしそれはあくまでサッカーの上でのこと。サッカー以外の面で嫌ったり憎んだりしているわけではない。
そんでもって、ある人が、重い病に直面し、命を賭けて向き合おうとしているというその姿を見たとき、(その人を余程嫌ったり憎んだりしているのでも無い限り)その戦いを応援せずにはいられないのは、人としてのとても自然な感情じゃないですか。
だって、見たくないもの。道半ばで病で苦しみ、やがて・・・なんて、そんなところは絶対に見たくない。それに尽きる。
#特に近しい人との別れを経験した人ほど、そういう思いは強いんじゃないかと。


塚本選手。
どうかこの試練を克服して、もちろん選手としてが一番だけど、あるいは他の形であってもいい、いつか必ず大宮アルディージャに戻ってきてほしい。
その時はセレッソが大宮を徹底的に打ちのめして、今度は「サッカーで」泣かしたる!w
[PR]

by exbaum | 2010-03-09 01:22 |