いよいよ残り1試合。

11/28 土 17:04 FC岐阜 長居 ○ 2-1

試合からもう2日も経っているわけですが、うーん、こういう試合について何かを書くのはとても難しい。
まぁ好ゲームか凡戦かって言ったら限りなく後者だよね・・・ただ、「最低限の結果は出した試合」ということで、ある程度の評価はしてもいいだろう、とも思うけど。

試合が終わってから、というか実際にあのゴールが入ってからずっと周囲の人に言いまくってるんだけど、船山のスーパーゴールのうち1点目の方、あのときの塁はもっと評価されてもいい。いや、みんな評価はしてくれてるんだけど、もっともっと評価したいw ヘディングの打点もかなり高いんだけど、そのシュートが弾かれたのと着地がほぼ同時で、まさに着地した瞬間に次のプレーに動き出してる。あの動きがあればこそ、相手DFより一瞬早くボールに触れたし、触れたからこそ船山のゴールにつながった。
ああいうプレー、大好きだ。うん、素晴らしいとか評価がどうこうというより、とにかく「好き」なのだ。

2点目に関しては、一切言うことはございません。ただもう、船山のシュートが素晴らしかったと、それに尽きる。J1でもあのシュートを防げるGKは何人いるだろうか。左足で蹴って、どうやったらああいう弾道になるんだ、いまだにわからんw
ピクシーのゴール@日産スタジアムw もそうだけど(あれは雨でスーツ+革靴の分よりすごい)なんであんなすごい蹴り方ができるんだろう。

とはいえ、攻撃面で見るべき場面はこの2つの他は片手で数えられる程度。
じゃあ守備の方はどうだったのかっていうと・・・うーん。まぁ、康太は本当に欠かせない存在になったね、というくらいで。あと、ジンヒョンを獲得したのは本当に慧眼と言うに尽きる。
失点シーンは、2つほど不運もあったとはいえ「あぁ、またこのパターンか」という感じで、もう今さら驚かん(苦笑)いずれ克服していかなきゃならない深刻な課題ではあるんだけど、1試合2試合で治るぐらいなら誰も苦労せんw

ちょっと心配なのは・・・シャケ、どっか身体悪くしてないか?
ドリブルの単調さとかスタミナとかスピードとか、元からある課題は一朝一夕でどうこうなるもんじゃないんだろうけど、それにしてもこの日は(というか、多分仙台戦のときも)普通にイーブンのボールを取られまくってて、明らかにリズムを崩してた。好調時のシャケなら、1対1なら身体の寄せ合いでまず負けることが無いはずなのに。何のためのガチムチだと思ってるんだw
ただ、この日は結果的に2得点ともに絡んでいる。それも、2点ともシャケ→塁→船山という流れ。少なくともこの日のシャケは「ボール持って上がったらまず塁の位置を見る」ことだけは愚直に守り続けていたように見える。それが監督の指示なのか、塁からの要望だったのか、自分の判断だったのか、まではわからんけど。


ところで、ちょっと上から目線ぽい表現になってしまうかもしれないけど、岐阜は本当にいいチームになったねぇ。
去年、5-0とか6-0とかさせてもらったときは、何回対戦してもまったく負ける気がしなかったんだけどw 今はチーム状態次第では普通に互角、あるいはそれ以上かも。正直言って、監督の松永さんを私はあまり高く評価してなかったんだけど(神戸の監督だった時代のイメージがね・・・)これはちょっと認識を改めないといけないかも。
あとは攻撃陣と守備陣にそれぞれひとり「核」となる選手が入れば、本当に大化けするかも。
とはいえ、経営状態の問題とかもあるから、積極的な補強とかが出来ないのがもどかしいところなんだろうなぁ・・・。


試合後のことはさらに先延ばし(苦笑)
多分、鳥栖戦とかファン感が終わって、気持ちを落ち着けてからでないと書けない気がする。
[PR]

by exbaum | 2009-12-01 03:02 |