「ほっ」と。キャンペーン

残り11試合。&溜飲。

9/20 日 19:04 湘南ベルマーレ 長居 ○ 2-1

岡山戦は行ってないです。って、ひとつ前のエントリ見りゃわかるかw
ハイライトも昨日、長居に行く直前にようやっと見たぐらいで・・・もちろん3-1で勝ったぐらいだからこっちのがいいサッカーしてるようには見えるけども、でもハイライトでそこまで判断するのもどうかな、ということで保留したままレッツゴー長居。

で。

うん、まぁ・・・今日だけは、ちょっと言わせてほしい。


反町ざまぁw


#以前からここをご覧の方はとっくにご存知かと思われますが、◎の人は
#以前から相当な反町嫌いです。
#新潟時代はそうでもなかったけど、北京五輪代表(世代)監督の初期で
#既に不信感を抱き、やがて不信を越えて嫌いになった。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00089688.html

思ったよりもグラウンド状態がよくなくて、それにちょっと我々のほうが神経質になってしまったかと。C大阪はここ(長居)で練習していたみたいなので、そのせいか、技術的には向こうが上ということもあり、そうしたボールコントロールの差が、最後までこちらが馴染めなかった原因かなと思います。

記者会見でこんなこと言うてますけど、あのー、そんなピッチ状態悪かったっけ?まぁ本当のところは実際にそのピッチでプレーした選手しかわからないだろうけど、少なくともスタンドから見ている限り、ボールが変な挙動したり、選手の足がもつれてたり、そういう場面を目にした記憶は無いのだけど。先週、トップリーグ(ラグビーね)の試合があったらオールクリアってわけにはいかなかったろうけど、それでもあそこまで回復してるんならサッカーの試合には全然問題無かろう。a-nation1週間後の甲府戦での状態の方がもうちょい悪いように見えたくらい。つーか、あの芝の状態でナーバスになってるようじゃ、J2のほとんどのアウェイでまともにプレーできないんでないかい?
ついでに言うと、長居スタジアムの方で練習したのは先週の水・木の2日だけですぜ。それも別に湘南戦に備えてのものではなくて、いつもこの時期は本来の練習場である南津守の芝の養生のために練習場所を移す必要があって、今年は長居やら長居第2を使わせてもらえてるに過ぎないし。

あと、ウチとは関係無い話だけど
草津と甲府が戦い、草津が勝ったわけですが、我々のクラブから期限付き移籍で行っている小林という者が値千金のゴールを決めて、我々に『頑張ってくれ』というメッセージを送ってくれた。それに応えられず非常に残念に思っています。

このくだりはほんと・・・どうかと思う。草津にも、その小林って選手にも失礼じゃないか?
もちろんサポが冗談混じりで「援護射撃頼むぞ」って言うことはあるけど、基本的には選手ってのは「出場機会を得るために」ひいては「自分がプレイヤーとしてより成長するために」移籍するものであって(レンタル・完全を問わず)元所属チームの援護射撃だの、メッセージだの、そんなもののためによそのチームでプレーするなんてこと、あるわけないし、万が一億が一にもあったりしたら、移籍先のチームに対してこんな失礼な話はないわけで。
そういうことを、元所属チームの監督が、まして公式の記者会見の場で言うとかね。
例えばウチの監督が記者会見で、何かのはずみで、曜一朗に対してこんなメッセージを発したりしたら、とか思うと、ちょっとぞっとするものがある。

こういう、言動の端々のとんでもない無神経さというか、傲慢さというか、そういうところから嫌いになってったんだけど、改めて「ほんと変わらねーなぁこいつ」とは思った。もちろん悪い意味で。


まぁ、反町の件はここら辺にしとくとして。(書けば書くほど気分悪くなるw)

これも思い切って言わせていただくのですが、先週(岡山戦の前日ですね)とある場所でとあるJ1の試合を見たのですが、これがかなり・・・な試合でして。当日の同行者(特定チームを応援してはいるが、遠距離サポな関係で他チームの試合もたくさん見ている人)いわく「09年ワーストゲーム候補」だとか。

で、今回の試合。

正直言って、先週見たJ1の試合よりも、このセレッソ-湘南の方がよっぽど中身の濃い、良質のサッカーをしているように見えた。この試合を見てほしかったなぁ、その同行者氏に。

はっきり言って内容はセレッソの完勝だった。シュート数21-4、前半に至ってはなんと8-0。かといって別に湘南が攻める気無かったわけではなくて、ウチの3トップをそれぞれ2人ずつでケアしながらも一発のカウンターにかけていた。ウチの3ボランチ(特に康太)とCB2人がきっちりケアしていたから結果的にシュートまで結びつかなかった、というだけで。
前節時点で首位対3位の対戦であること、湘南にとってはアウェイであることなんかを考えたら、あの戦術自体は充分「アリ」だと私は思う。
(だから、サッカー的なところでアンチ反町なわけじゃないんだよ私は・・・言動がいちいち気に食わんだけで・・・)

ただ、きっちり固めて守るにしても、ちょっとアフターでのファウルが多すぎたね、湘南は。ああいう試合だから主審(いま最も旬なジャスティス(苦笑))もだいぶ流し気味ではあったけど、それでも危険なものはきっちり吹いていた。
だから、そういう前半の傾向を踏まえずに、後半立て続けに、しかもあれだけわかりやすく危険なファウルをやってしまった田村は、まぁどんくさいというかなんと言うか。
あの瞬間
この試合、もらった!!
と思ったねw

湘南としては、もう少し長い時間あの展開を続けていければ、あるいはセレッソも焦れてバランスが崩れてくるかも・・・というのがおそらくは狙いだったんだろうけど(もっとも、セレッソ的にはまだまだ落ち着いてやれたと思うけどw)これで「終了」。11対11でどうにかこうにかしのいでいた圧力を、1人欠けた状態で同様にしのぎ切れるはずもなく。

それでも、なんとか前3人だけは・・・という感じで、前半同様に2人ずつマークをつけていた。湘南の置かれている状況からすると、その考えは多分正しい。
しかし、だからこそ、船山そして康太と「前の3人以外」が得点できた。これは必然。これ以外にも黒木のめちゃめちゃ惜しいミドルもあったし(野澤はよく頑張ったと敵ながら思う。野澤でなければ間違いなくあと1、2点は入ってた)守ってはほとんどのピンチの芽をここで摘めていた(もちろん、そこで摘みそびれた分はゴリやハネがしっかりカバーしてくれてた)。

つまり、この試合に関してはカイオ・乾・シンジの前3人(いわゆる「3K」w)が脇役で、真の主役は船山・康太・黒木の3ボランチだった。それがもう、何よりも嬉しい。いや湘南に勝てたこと自体もめちゃくちゃ嬉しいんだけどねw

しかし、ここまで完璧な試合運びをして、最後の最後にあの1失点は・・・(苦笑)ハイライトで見ても、ヘディングしたジャーン含め何人もフリーの選手がいるし。
あそこまで圧倒できれば、セットプレーのピンチ自体そうそう与えることは無いだろうけど、それでも90分もプレーしていれば、1度か2度はきっとああいう場面はあるだろうから、もう少し、その、なんとかならんもんか・・・正直、甲府に申し訳無いわ(苦笑)

---

ところでこの試合、あえて塁を外してベンチ入りさせた選手がいるわけですが。
(ヒラジとチアゴはおそらく怪我)

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00089689.html
足の状態を聞かれて「痛いです(苦笑)。」って答えてしまうぐらいだから、やはり思わしくない状態なんだろう。練習試合ならともかく、トップの試合で、果たして何分プレーできるのやら。
常識的に考えて、こんな状態の選手を、この大一番で入れるというのはまず無い。展開によって切れるカードの種類を1枚減らすことに等しいのだから。
それでも、そんな状態の選手でも、どうしてもベンチに入れる必要があった。まさしく「この大一番」だからこそ。

レヴィーが何故塁ではなく自分をベンチに入れたのか、この人はちゃんと理解していると思う。基本的に、頭はいい人だから。ちょっと言動がアレなだけでw
濱ちゃんとともに交代の用意をして、ピッチ際に立って、ちょうどそのときに失点してしまったから、ちょっとこっち側にも動揺が拡がりそうな気配が見受けられたんだけど、投入直後から、まさに「いまこの場面にふさわしい」プレーをしっかりとしてくれた。
単なる時間稼ぎのキープでもなく、攻撃の起点としてのポストプレーでもなく、味方の選手達が冷静さを取り戻すこと、「この試合をきちんとクローズしよう」ということをもう一度認識させること、その心理的余裕をもたらす為の、「溜め」の時間。
こんなことが出来る選手、少なくともセレッソの中ではひとりしかいない。だから、レヴィーはこの人をベンチに入れておきたかった。しつこいようだけど「この大一番」なればこそ。
こういう人がチームにいてくれる幸福を、少しでも長く味わっていたいものだ。





今回はデジカメ持っていくの忘れたのでorz いつもの動画は無し。
まぁ、安物のコンデジで無理矢理撮影してるし、手ブレとか酷いからねぇ。
#自分で見てても画面酔いしそうになるぐらいだwww
他の人が撮影したやつで綺麗なのがあったら後ほど貼っておきます。

それにしても、まぁなんだ、石神は完全にウチに染まったな。


http://www.jsgoal.jp/photo/00051700/00051705.html

↑ジンヒョンの頭上にキーパーグローブ出して遊んでるのが石神w
[PR]

by exbaum | 2009-09-22 04:08 |