「ほっ」と。キャンペーン

残り27試合。

6/28 日 19:04 水戸ホーリーホック 笠松 ○ 3-2

今年も笠松に行けなかった・・・orz
いつか行ってみたいと思っているスタジアムのひとつなんだけど(もちろんイナゴ的な意味で)。
某店でのスカパー観戦も誘われたりしてたのですが、個人的な事情ですが「魔の7月」が近づいているということもあり、この土日は徹底的に引きこもることにしました。
#去年の同時期、職場の人事異動のあおりをモロに食らって
#3人分ぐらいの作業をひとりでこなした挙句、過呼吸起こしかけた。

で、ダイジェストのみ確認したのですが・・・
オウンゴールは、ある意味不運な面もあるので仕方が無いかも、とは思う。あの天候でもあったし、あそこで足を出さない方がDFとしてはよっぽど駄目だろうし。
しかし、またしても左。前節の2失点も、今回の2失点も、ことごとく(セレッソにとっての)左サイドからきたクロスに対して、中央での対応がまずすぎる。

もちろん3バックを採用している以上、両サイドの裏に大きなスペースができてしまうことはやむを得ない。その危険性は織り込み済みの戦術ともいえる。であれば、なおのことCBには「サイドから上がるクロスに対するゴール前での対応」を特に厳しく言われているはずだ。
当然、右からもクロスは多々上げられている。しかし、右からのクロスに対しては、それこそ大黒のような「お前がJ2にいること自体間違いだろ」と言いたくなるような選手が絡んでいない限りは、どうにか対応できている。一方で左からのクロスに対してはこのていたらく。両者の差は一体どこから来るんだろう。右サイドのシャケだって決して守備がうまい方とは言えないし(頑張ってはいる。あと1対1での当たりは間違いなく強くなってるけどね)体力やスピードなら間違いなく石神の方が上なのに。

あと、終盤での警告ラッシュ。これは本当にどうにかならんのか。
言っちゃなんだが、セレッソに5年以上関わった者にとって「高山啓義」は忘れようにも忘れられない名前のひとつだ。要するにこの試合。
http://www.tbs.co.jp/supers/game/20040509_2182.html
何がすごいって、

あの大久保嘉人に
「落ち着いてください」
と言われた主審


なんだぞ高山はwww
#もちろん、そんなこと言われたのは後にも先にも高山主審ただひとり。

そりゃあ、人間は成長するものではあるから、あのときの高山主審と今の高山主審が必ずしも同レベルの審判であるとは思わない。しかし、あの大久保嘉人に落ち着けと言われるようなジャッジをした過去があるということは、何かテンパったり感情的になってしまうきっかけがあれば、いつまたそういうスイッチが入らないとも限らないということでもある。
マルチネスだって来日してほぼ半年、今年のリーグ戦が始まってからでも4ヶ月弱が経過しているのだから、そろそろJの主審のレベルってもんに馴染んでもらわなきゃ困るし、ましてクルピに至っては既に3シーズン目なのだから、主審の出来にいちいち過剰反応してても得することなんかひとつも無いって、いい加減理解してもらわんと。もちろん、どうしても納得のいかない判定ってものはあるだろうけど、それについてはチームとして正式な形で質問書なり意見書なり出せばいいこと。生中継のインタビューで審判批判してみたり(愛媛戦)怒り心頭の挙句具合を悪くしたり(水戸戦)指揮官たるものがこれでは困るわけですよ。というか、指揮官がこれでは、マルチネスのカード癖に対してあまり厳しく言えないでしょ。

まぁ、不満の方が前に出てしまってはいますが、とにかく勝つには勝ったわけで。それも、上位4チーム(5位の水戸ちゃんとセレッソが直接対決)で今節勝ち点3をゲットしたのはウチらだけという見事なメシウマ状態w
特に今節は、ウチの試合が始まるまでに全ての試合が終わっていて、つまり上位チームが軒並み勝ち星を逃したことが既にわかっている状態での試合だっただけに、いろんな意味でのプレッシャーがあったとは思うけど、そこを乗り越えたのは素晴らしい。
1点目のシンジ無双、2点目の乾の「つま先分だけでも相手より前に出す」執念、どちらもGJだけど、個人的には3点目の乾→シンジへのアシストだなぁ。あの距離で、あの位置のシンジによくあんなスルーパス出せたなと。塁のDFを引っ張る動きも地味ながら良い。あの3人がああいう関係性を維持できれば、もっとチャンスが生まれるだろう。

短期的な守備の改善がどうあっても望めないようであれば、得点力の増大で帳尻を合わせるしかない。酷い話ではあるけどねwww
[PR]

by exbaum | 2009-06-30 01:20 |