「ほっ」と。キャンペーン

残り33試合。

5/28 木 19:04 徳重徳島ヴォルティス ポカスタ △ 2-2

今日はどこかの店に行くこともなく、試合途中に帰宅して以降は実況スレをROMってました。
・・・久々にものすっごい脱力感を味わった・・・orz
ま、まぁ現地で応援されてた方はもっとキツかったでしょう、皆さん乙でした。
第1クールは「僅差で逃げ切る」試合が多かったはずなんだけど、やっぱりやらかしてしまう遺伝子があるんかねぇ。ここまでくると、誰が悪いとか誰のせいとか、そういう次元の話ではないように思う。
#今日はハイライトを見る時間の余裕が無さげなので、週末に改めて確認する予定。

チアゴの交代が怪我なのかどうかちょっとわかんないですけど、攻撃の要(シンジ)中盤の要(マルチネス)そして守備の要(チアゴ)とそれぞれの要が全部いない状態では、いつもと同じサッカーをしろと言ってもできるわけない、ということは十分理解できる。

ただ、それだからこそ、交代カードの最後の1枚は違うだろう、と思う。私は今でも曜を応援しているし、たったひとつの壁さえ突破できればシンジや乾すら凌駕するほどのすごい選手になる、と信じて疑ってないんだけど、でも今日の試合で最後の1枚で入るべきは曜じゃない。
熊本戦のときに

アキが入るとピッチ上の選手がみんなアキに依存してしまうようになることが怖い。「苦しいときにはアキさんが入ってくれる」ことが心の支えになるのはかまわないけど、ピッチでプレーしている選手が(まだその時間でもないうちから)早くアキさんに入って欲しい、助けて欲しいと考えるようになってしまってはいけないと思う。

と書いているけど、今でも同じことを考えているけど、しかしこの試合に限っては、絶対にどっかで投入すべきだったと思う。もしコンディションが良くないのだとしても、最後の時間稼ぎの数分間だけでもアキはピッチにいるべきだった。
各所の要がピッチ上におらず、心の拠り所が無い、そういうときだからこそ、最後の切り札、この人がピッチにいるだけでみんなが安心してプレーできる、そんな存在がピッチにいるべきだったんじゃないかと。

ここら辺の・・・メンタル管理、というとちょっと違うかもだけど、ピッチ上の選手の心の動きみたいなのを掴むのがもうひとつうまくないってのが、レヴィー・クルピの不安なところ。


それにしても・・・「雨のポカスタ」ってもはやトラウマレベルだな・・・orz
[PR]

by exbaum | 2009-05-29 01:49 |