「ほっ」と。キャンペーン

残り44試合。

4/12 日 13:04 ベガルタ仙台 宮スタ ○ 2-1

今日の試合を終えての「残り44試合」、2002年のJ2の全試合数と同じです。
だから「J2は18チームまで総当たr(ry


で、今日は諸事情あって外出していたので、実況スレすら見れませんでした。
というか、家に着いてようやく状況を確認したら、ちょうど試合終了したところでした・・・。

なので試合の様子とか全然わかりませんし、明日Jスポで放送があるようなのですが、さらに事情があってそちらも見れませんorz 水曜朝に再放送があるようなので、その1回に賭けますが、その日は岡山戦の当日なので、さていつになったら見れることやら。


というわけで、例によってスタッツとハイライトだけの感想なのですが、

>せれっそ は 「まるちねす の みどる」 を てにいれた!
>せれっそ の こうげき力 が アップした!


>せれっそ は 「ぎゃくてん」 の わざ を みにつけた!
>せれっそ の HP が アップした!

ってことでいいんでしょうか?w
#ドラクエどころかファミコンとかのゲーム自体全くやったことないんで適当w

今日の勝ちは二重の意味で大きい。
何より、昇格争いにおける最大のライバルのひとつである仙台に勝てたことは当然大きい。

そして、「先制されて逆転した」というのは大きい。すごく大きい。

ここまで1度も先制されておらず、そして無敗だったわけですが、もし「最初に先制された試合で初の敗戦」ということになっていたら、この先対戦するチームに「セレッソの攻撃プレッシャーはすごいが、先制さえできれば勝機が見える」と認識され、今後はその方向(=先行逃げ切り)でゲームプランを進められる可能性もあった。
しかし結果的に、それも(くどいようですが)昇格争いのライバルである仙台相手に逆転勝ちしたことで、このプランもうかつには手を出せない、そういう印象を他チームに与えることができた。
勝ち点的な意味だけではなく、今年のJ2リーグの行く末を考えてみても、本当に本当に大きな1勝。
#実は3節終わったあたりからひそかに「最初に負けるとしたらここかな」と懸念していたのはここだけの話。

気がかりなのは・・・その先制された場面、リャン・ヨンギ(つくづくいい選手だね彼は)のシュートを防げなかった、というより、なんでリャンの入ってきたスペースがあんなにポッカリ空いてんだ!?という。あそこは空けちゃ駄目だろう。ダイジェストではその後もう1度、また同じようなポジションでリャンに撃たれてたし(これは枠外)あのあたりでスペースを空けてしまうと、J2でも上位クラスなら確実にチャンスに繋げて来るよね。
またしても日・水・日のスケジュールで大変だけど(しかも1週間で仙台・長居・札幌ってこれはあんまりだ(怒))ここら辺は早急に修正してほしいところ。

しかし、シンジのゴールも見事は見事なんだけど、マルチネスのミドル・・・あれは、ね・・・。
地面スレスレの無回転でGKの直前でバウンドとか、あんまりだw
仙台GKの林卓人、アテネ五輪最終予選でのパワフルなセービングが印象に残っていて、アテネ後も応援している選手のひとりなんだけど、あのミドルはさすがに「相手が悪かった」としか言いようが無いわ。
[PR]

by exbaum | 2009-04-13 02:53 |